Woman.excite

どさんこ北海道4日目-3   

2008年 09月 04日

2008年8月9日を振り返る vol.3

愛ちゃんは火を起こし始めた。

あっと驚くほど早い。君は神の子か?と目を疑ってしまうほど早い。

e0023512_16455727.jpg


そういえばこの島武意海岸、キャンプ場ではない。

誰もいないのだ、昼間は観光客が泳ぎに着たりするけれど

誰もできないのであろう キャンプなんて。

だってあの計り知れないくらい重い荷物をもって 永遠と階段をおりて
岩場を歩くなんて 地獄だ

人間はまず地獄にいきたいとは思わない。

しかし、荷物を降ろせばここは天国だ。

目の前はエメラルドブルーとインディゴブルーでできた海。

色の重なり具合がなんともいえない。
e0023512_16485266.jpg


愛ちゃんは食事の準備をはじめようと食材をつかって
料理を始めた。

わたしは何をしていたかというと、ビールを頂戴して

おーいいねいいねぇ と連呼しているだけで もう最高潮に幸せだった

愛ちゃんがいてよかった!愛ちゃんがいなけりゃこんなうまいビールは味わえない。

e0023512_1651168.jpg


あっという間に日が暮れて 昨日買ったばかりのつなぎやさんのパンと

愛ちゃんがやいてくれたホッケ 市場で買ったツブ貝 しいたけ トマトの丸かじり

すべてが最高においしい北海道の食材たちに囲まれて至福の時を迎えた

e0023512_1653054.jpg

e0023512_1653258.jpg


本当に誰もいない 私たち以外 誰も

空はどんどんピンク色に染まり 太陽が沈んでいくごとに

最近感じていた小さなモヤモヤも 一気に消えていくような気さえした

空が深い青に包まれると 今度は漁船の小さな白い光がポンポンと海に落ちて

誰にも教えたくない景色が 目の前に現れる

e0023512_16531161.jpg

e0023512_1653486.jpg


最高の贅沢とは 良き友達と 

電気のないこうした場所で うまい酒を交わすことなのかもしれない
[PR]

by boojil | 2008-09-04 16:56 | 夏の大阪個展と北海道旅

<< 兵庫県西宮で個展! 9月6日は... どさんこ北海道4日目-2 >>