Woman.excite

<   2008年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧   

2008年想うこと   

2008年 12月 31日

e0023512_15544656.jpg


この一年、わたしにとっては転機となった年となりました。

2004年から活動を始め、来年で5年がたとうとしています。

元旦にみんなにお知らせがあるので、読んでもらえたら嬉しいな。

・関東で3度の個展・イベント出店

・関西で3度の個展

・初めての夏の北海道

・2度の韓国出張


本当に沢山の出会いがありました。

無駄なことって何一つないんだろうな。きっと外へ外へ出て行くって事は。

それが、遊びでも、仕事でも全部一緒。

世界には沢山楽しい人がいます。改めて感じた年でした。

そして、大好きな音楽のお仕事も沢山できた年になりました。

中には一緒に飲みにいけるような仲間のミュージシャンもいたり、
彼らの音楽が大好きなわたしは、そのことが本当に嬉しく
すごく幸せに思うのであります。

わたしをいつも支えてくれるのは、家族、友達、応援してくれるみんな、音楽、色。

時にはうまくいかなくって落ち込んだりするけれど、それもまたいい。

落ち込まないと 『 あぁ 幸せだな 』 と感じる瞬間がきっと少なくなるから

最近よく思うこと、わたしにとって 絵を描くことは自己満足の世界ではないようで

人と出会うためのコミュニケーションツール のようです。


2008年は 『出会いの年』 だったな

来年はどんな年にしよう。

日付が変わる前に来年の抱負を

・下っ腹へこます

・面白さに磨きをかける

・旅エッセイを書く

・貯金する

・ホームページのリニューアル

・3回 海外渡航 理想はインド&NY&韓国
(夏に韓国での個展が決まりました)

・奄美大島で日食体験

・基礎化粧品 がんばる

・英語/韓国語 勉強する

・じいちゃん、ばあちゃん、父ちゃん、母ちゃん 孝行

・感謝の気持ち、初心を忘れないこと

増やすこと

・仕事

・友達

・運動

・笑い皺

減らすこと

・体重

・睡眠時間

・電気消費量


わたしの今年関わったり、
出会った大好きな音楽を作っている人たち


キセル / anonymass / HAKASE-SUN / AIR / 渡辺等 / yoleyole / 天草
dachambo / SOMA / The ROCOS / 今野英明 / I&I ジャンダン /
コケストラ / ショピン / 小田晃生 / ハナレグミ / おおはた雄一 / 坂本美雨
コトリンゴ / KENT FUNAYAMA / ハンバートハンバート / bonobos
二階堂和美 / ザッハトルテ / あらかじめ決められた恋人たちへ / 原田郁子
ダブルフェイマス / POPOYANS / ううじん / モンテリマ /rei harakami /
電気グルーヴ / RYUJI / 湯川潮音 ...etc
[PR]

by boojil | 2008-12-31 15:57 | 日記

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.8   

2008年 12月 30日

2度目の韓国旅日記が始まりました

2008年12月19日を振り返るvol1


e0023512_13394814.jpg

わたしのいる場所にも朝がきた 3日目の韓国

今日はどんより曇り空 だけど異国の地に立つと不思議と心は元気な私。

外に出ると 冷たい空気 韓国の冬は本当に寒い。

屋上にはどこにでも大きな瓶があり、みんなその中でキムチや漬物をつくっている。

ビンちゃんはわたしを屋上に案内してくれ、とても寒そうにしているフリをした。

彼はここで産まれたからなのか、薄着でも大丈夫だといいつつ、クシャミをしている。
e0023512_13423389.jpg


わたしは寒さを予想して、去年買ったSIERRAのオレンジ色のダウンを用意していた。

これが本当にあたたかいので、なんとか韓国の寒さにも耐えられそうである。

今日はフォトグラファーのイースクちゃんの個展に遊びに行くことにしていた。

彼女は以前わたしも個展を開いたSUKKARAで個展をしていたそうで
オーナーのすひゃんさんから話を沢山聞いていたのだ。
e0023512_1445685.jpg


ビンちゃんに会場まで連れて行ってもらい、初めてご対面。

彼女は大阪で生まれた在日コリアン3世。

今回の個展は在日コリアンの家族だけを撮影したものだ。
映像もあり、世代ごとの生き方・思想が変わっていくのが理解できる。

今回の展覧会のテーマとはちょっと外れるが、ちょっと頭のすみっこに投げかけたい。

人種差別 言葉を聞いただけでゾッとする。

わたしも異国の地で寂しい想いをしたことがあるが
戦前、戦後はもっとひどかったのであろう

わたしは地球に生まれた以上 人は人 国なんて関係ない

文化の違いはあれど、どの国にも良い人はたくさんいるし 悪い人もいるのだ

わたしはどんな人とでも仲良くなりたい 出会いさえあれば

住む場所に限らず 国籍にとらわれず みんなが仲良くなれたらいいのにな

言葉って本当に面白いけれど、英語がみんないきなり話せるようになればいいのにと

勝手に考えてしまうわたし。

e0023512_13543958.jpg

金仁淑(キム イースク) http://www.kiminsook.com/
写真作家金仁淑が去る6月光州市立美術館で開催した展覧会に続き、
韓国での3度目の個展を開催します。

今回の展覧会は『狭間』住む人々のお話です。

生まれつき『狭間』に置かれてしまった人々は、
置かれた全ての世界にありながらどの一つでもない浮遊した存在であり、
常にどこか一つに帰属したいという切実な気持ちを持ちながら暮らしています。

今回のプロジェクトは韓国と日本、そして北朝鮮という3つの国の狭間で生きる人たちのお話で、戦後4,5世代の間受け継がれてきた『在日コリアン』としての意思を込めた作品です。

さまざまな世代の在日の家族達に出会い、彼らの生活の場である居間でポートレートを撮影しました。親から子へと引き継がれる『在日コリアン』としての精神と家族の意味を再度考えるきっかけとなる展覧会です。

[PR]

by boojil | 2008-12-30 13:42 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.7   

2008年 12月 29日

2度目の韓国旅日記が始まりました

2008年12月18日を振り返るvol5


こちらのBARもなかなかオシャレで良い雰囲気。

わたしはビールを注文して、今夜最後のご機嫌TIMEを味わうのである。

基本的にこちらはスナックがタダなので、わたしは太る一方である。

e0023512_13126.jpg


ビンちゃんにジェホからロンドン土産があるといって、

彼が差し出したのがこれ

e0023512_136246.jpg


おぉーーーフィギアマニアのビンチャンは大興奮である。

ジェホは彼の大親友で、いつどこで会ったのか聞いてみると
なんと軍隊の訓練で同じ部屋だったそうなのだ。

韓国人男性は19歳から29歳までに必ず入隊しなくてはならないそうで、
ジェホもビンちゃんも2年間訓練をしたそうな。

日本にはこうした制度がないし、銃社会でもないし、島国だし
本当に平和で平和でみんな平和ボケしてしまうのも仕方ない。

こんなに近い韓国ではこうした制度があるのが、なんとも信じがたい。

同じアジア人でも文化の違いに魅力を感じる部分もあれば、
自分に置き換えてみると悲しくなる現状がここには存在する。

仕事、恋人、家族、友達と完全に離れなくてはならないなんて、厳しい。

韓国の兵役制度

http://www.konest.com/data/
e0023512_1453383.jpg


タトゥーアーティストで、ペインターで、フィギアに埋もれそうなアトリエを
持っている彼でも軍隊は免れなかったらしい。

わたしが韓国人で男だったら、筆を捨てて銃を持つのだろうか。

そんなのありえない。。 世界に存在する銃が筆になったらいいのにな。

もうずいぶん前の話だけどね、と懐かしい顔をして微笑むビンちゃんを見て
なんだか不思議な気持ちになった。

ビールがまわりはじめ、眠気がやってきた。

イスにもたれてグースカ眠ってしまった私をサバちゃんの

『ARE YOU OK ?』 で目覚める。

起きたらみんながいて嬉しかった。

ここにいるみんなは随分前からの友達ばかりではない。

わたしをきっかけに会った人もいる。 それがものすごく嬉しいのだ。

[PR]

by boojil | 2008-12-29 01:21 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国、ドキドキ日記vol.6   

2008年 12月 28日

e0023512_113787.jpg
ミョンドンの町並みは面白い。

屋台の横には大量の靴下屋さん。

向かいにはインポートブランド ZARA

その前でパフォーマンスをする男性二人。

足が長すぎるだろ!
e0023512_12145.jpg

その身長ではハグができない。これではFREE PHOTOである。

『FREE HUGS』 そういえばあなたは知ってますか?
http://ja.wikipedia.org/


ミョンドンでのショッピングタイムもつかの間、
わたしたちはまたホンデに戻り、まず夕飯でも食べようとスパム・チゲ(鍋)屋さんへ。

e0023512_1154455.jpg

見た目からして辛そうな、この鍋!!
食べてみると、思ったとおり辛い。しかしうまいではないか!

まずで石ちゃんのように汗をかきながら食べるわたし。

汗をかいて鍋を食べればいくらかやせるのではないか?

うまいうまいと言いながら完食!ごちそうさまです。

これからビンちゃんの親友ジェホが合流するという。

ジェホは今ロンドンの服飾大学に留学中で、服の作り方を勉強中らしい。

なので、英語はペラペラ。これは仲良くなれそうだ。

無事、ジェホと合流、その後 前回の韓国の旅で見つけた大好きなお店、
ギャハハと言う古着屋さんで、スタッフの女の子と再会を喜んだ。
e0023512_1191118.jpg



さて、これからみんなも合流するというし、
近くのBAR『シャー』でみんなを待ちましょうか。

予定通りソックンと、サバちゃんがやってきて合流
e0023512_182667.jpg


それでは!乾杯!!
[PR]

by boojil | 2008-12-28 23:32 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国ドキドキ日記vol.5   

2008年 12月 27日

ひとまず同会場で展示をしている
フォトグラファーのソックンの作品にもわたしは興味新進だ。
e0023512_0491292.jpg

見よ、この奇妙な写真を。

一度目にしたら目が離せない世界観。良い意味で変態である。
http://www.ohmynews.com/

彼は日本でいう太郎と花子をレンズの中で表現しているそうで、
誰にでも存在するであろう記憶をテーマに作品撮りをしている。

彼は2月日本でも展覧会を予定しているらしく、
今からソックンに再会するのが楽しみで仕方ない。
e0023512_0494140.jpg

彼は英語もペラペラで、いつも満点の笑顔。彼のこともまた大好きなわたし。

ほかにも数人の若手アーティストが会場を作品でうめつくし、
わたしったらワクワクしっぱなしなわけで。

いつかわたしもこうした大きな場所で展覧会ができたらなぁ。と思うのです。

わたしたちは会場を出て夜再び合流することにした。

ひとまずびんちゃんが明洞(ミョンドン)に案内してくれるというので、
二人で明洞へショッピング。

わたしが購入したのはブルーのニットワンピ、5000w (3000円位)と、
foodskinというボディケアのショップで保湿クリーム、リップを購入。
e0023512_057528.jpg


どれも女の子が好きそうな甘い香りがするんだけど、しつこくないから私は好きだ。

バニラとかキャラメルとかイチゴの香りはあえて避け、ここは豆の香りに絞る。
あとからもっと可愛い香りにすればよかったなぁ。と後悔するも、質は良いはずなのでお気に入りである。
e0023512_0551241.jpg


しかしなんで豆風味やねんっ自分!

と関西弁混じりに楽しくきめてみる。すみません。

びんちゃんは明洞にも沢山友達がいるらしく、いろんな人を紹介してくれた。

e0023512_0595598.jpg
びんちゃんと仲良しの彼女はしおんちゃん。かなりの美人さんです。

韓国人女性は8割型肌質がいい。
ニキビもなければ、そばかすさえない人に驚きを隠せませんっ。

みんな実年齢より5つは若く見える。

特に30歳をすぎた女性には本当に感心してしまうのだ。

明洞はどうやら眠らない町らしい。まるで渋谷だ。

多くの日本人とすれ違い、沢山買い物をしたせいか
私も5つ若くなった気分で町をすりぬけた。

韓国にくると不思議と元気になる。

キムチパワーは果たして本物か?

[PR]

by boojil | 2008-12-27 23:51 | 韓国の旅- 친구&친구

一日限定ワークショップ   

2008年 12月 26日

e0023512_21304125.jpg
5周年パーティー 100名様ご予約ありがとうございました

残念なことにこれ以上の追加が難しいので、

どなたさまにもお楽しみいただけるように、急遽追加で

ちょっとしたワークショップを一日限定で開きます。

是非ご参加ください。

■Boojil ワークショップ 

『 たのしくお絵描 新年おめでとう交流会 』
 
 


イベント特設ページ : http://okappa.exblog.jp/9281930/

会期 2009.1.24(sat) / OPEN 13:00 - 17:00

・ライブ 『the ROCOS 』

・Boojil ワークショップ 『誰とでも仲良くなれるお絵描』

・たのしいお食事会 『ランチ+1ドリンク』


ライブも見れてお腹もいっぱい、楽しくお絵描そんな新年一回目のイベントです

会場: 原宿 サンシャインスタジオカフェ

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-25-12

Tel 03-3401-0071

チケット代:2500円 限定40名様 

ご予約はこちらから http://boojil.ocnk.net/product/252

Boojilの作品と共に、おいしいごはんをみんなで食べましょう

楽しいおしゃべりを交えた交流会です。

楽しい一日になります、どうぞご参加ください。

周りにいる大好きな仲間も、応援してくれるみんなもぜーんぶまぜこぜ。
どうぞどうぞ仲良くなって楽しんでください。お待ちしております

*今回ご参加いただいた方全員におかっぱちゃん
オリジナルステッカーをプレゼントいたします!

*定員になり次第、販売終了となります。

お問い合わせはコチラ info_boojil@yahoo.co.jp


■ The ROCOS ライブ 

試聴:http://www.therocos.com/

e0023512_21293685.jpg
BoojilがCDジャケットをデザインしたThe ROCOSのライブが急遽決定!

2008年12月にNewアルバム『夜明けパレード』が
MIDI Recordsから発売となり、好評を得ている。
男女問わず好まれる優しいメロディーと声。

夜明けと共に差し込む朝日のような静かな光が、
聴く人の心に差し込みますように。

そしてそれが、長いながいパレードのように
いつまでも響鳴し続けますように。


■ワークショップ 『Boojilの似てない似顔絵』


絵を描くことの楽しさ 絵をかくことでいっぱい良い笑顔が増えます。
そんなとっても簡単なことでできる、誰とでも仲良くなれちゃう不思議ワークショップ。
是非ご参加ください!

とってもいかす似顔絵を描いた人 ベスト3に入った人には、
Boojilよりあなたの似顔絵をプレゼントいたします!

■Boojilを囲む作家さん あつまれプチマーケット


Boojilの周りにいる素敵な作家さんたちを紹介します
かわいい雑貨があつまるよ〜

後日詳細をUPします
[PR]

by boojil | 2008-12-26 21:31 | イベント情報

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.4   

2008年 12月 26日

2度目の韓国旅日記が始まりました

2008年12月18日を振り返るvol2

e0023512_19313448.jpg
スッカラに着くと相変わらず素敵な笑顔の清水さんとビンちゃんが待っていた。
清水さんはライターさん、彼のブログはとても面白い。
彼には前回個展の搬入時にとてもお世話になった。

国内外の雑誌で彼の記事を読むことができる。

清水さんのブログ http://simizu2000.exblog.jp/

すひゃんさんがその後やってきて、すぐ出発。

e0023512_2093949.jpg

すひゃんさんと、ビンちゃん
e0023512_2095754.jpg

清水さんとアンディ

美術館までは1時間ばかしかかるというので、途中ランチタイムをとる。
バスに間に合わないので、所要時間20分。

e0023512_20255544.jpg

キムパ(海苔巻き)を一気に食べつくし、満腹。うまうまじゃー
今回のは私の大の苦手なきゅうりが入っていたのに、不思議とうまかった
これも韓国マジックなのか!?

バスにごとごと揺られ、ようやく美術館に到着。。。

e0023512_20275475.jpg

それにしても超でっかい!それもそのはずサバちゃんの展示は
国立の美術館でやっているというのだから、素晴らしいったらありゃしない。
私と同い年でこの規模とは、大尊敬である。

サバちゃんについてまだ知らない人はこちら
http://boojil.exblog.jp/8877416/

http://boojil.exblog.jp/9023714/

e0023512_20301086.jpg


サバちゃーん!!!!!!!2ヶ月ぶりの再会に私は大興奮!!!

本当に不思議なんだけど、たった3日間しか一緒にいなかったのに、
わたしは彼女のことが本当に大好きになってしまって、

彼女に対しては旅特有の
『出会ってすぐに打ち解ける。』というものと、また違うんだな。

彼女には特別な感情を持っている。

それは恋とかじゃなくて(わたしは男性が好きです)
同じ感覚の持ち主な気がしてならないからなのか。

描いているモチーフは違えど、わたしが光なら、彼女は影

光と影はいつも同じ場所にあって、互いに必要なもの

わたしも彼女も人間の良い部分、悪い部分を知っていて
それを互いに表現しているような気がする

こんなことを言ったら一方的かもしれないので恥ずかしいのだけど。

彼女の作品は人間の表面では見えない危ない感覚を

全部筆に任せてぶつけているような気さえするのだ。

見る人をきっとあっと言わせるそんな力を持っている。


彼女の作品にわたしはもう虜なのだ。

e0023512_2115424.jpg


e0023512_21155496.jpg


作品の中で、けっこう印象に残っているのが、

冷蔵庫に本物のリンゴを何十個も入れたものに驚いた。

完全にリンゴが腐っている。。 サバちゃんあんたすごいよ。

e0023512_2175562.jpg


彼女も本当に喜んでくれたようで、二人で抱き合いました。

つづく
[PR]

by boojil | 2008-12-26 19:17 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.3   

2008年 12月 25日

2度目の韓国旅日記が始まりました

2008年12月18日を振り返るvol1


e0023512_19411397.jpg

朝9時に起床 なんだか良い匂いがするなぁと 

眠い目をこすって起きると ビンちゃんが料理をしている

赤のゴーストバスターズのトレーナーに、緑とオレンジの派手なズボン
おもちゃの国から出てきそうなビンちゃん。

彼がだしてくれたのは、
トックというお餅のようなものと、玉子、豆腐、韓国のり、餃子
が旨みの出たスープにはいっている料理

これは美味しそうだな~ ビンちゃんママが作ってくれたキムチや、お漬物

小さいタッパーにいくつか入っていて、どれもこれも美味しい。

満腹、ご馳走様!!ありがとう、ビンちゃん。

e0023512_21133521.jpg


わたしは10時半にニュージーランド人のアンディと、
ホンデで待ち合わせをしていたのでひとまずお別れ。

アンディとの再会もものすごく嬉しい。
彼は韓国で気をつかったマッサージのお店を開業したばかり。

近況報告もかねて、ホンデの駅で待ち合わせ。
忙しい中、時間をぬって会いにきてくれるのだから、嬉しい。

こうして会えるのもなんだか不思議だねぇ、と互いに話す。

わたしはいつも思うのだけど、旅先で出会い仲良くなれた人は
一生の友達になりうると思っている。

一人旅を始めて、もうすぐ3年。

そんなに沢山の国を行き来したわけではないけれど、一度旅に出れば

財産となる仲間が何人もできる。


わたしが旅に出たくなる理由のひとつは出会いなんだろうな。

アンディとも、これからずっと仲良しでいたいと思う。

DJも仕事としているマッサージ士の彼はこんな音を作っているよ。

ドイツのレーベルからCDを出せることになったそうです。

e0023512_20545151.jpg

Andi Numan 試聴http://www.myspace.com/andinuman
アンディと私は10月に個展をしたSUKKARAに行って、待ち合わせ。

前回お世話になった、清水さんとビンちゃん、オーナーのすひゃんさんと
これからサバちゃんの展覧会を見に行くのだ。

e0023512_20593113.jpg


その前に立ち寄ったステーショナリー雑貨を扱う
O-CHECK DESGIN GRAPHICSへ
ホームページ http://www.o-check.net/

ここの雑貨のセンスといったら素晴らしいものです。

この日はノートと、名刺入れを購入。シンプルだけど、温かみがあって大好き。

さて、店を出てみんなと再会をしましょうか。

つづく
[PR]

by boojil | 2008-12-25 19:44 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.2   

2008年 12月 24日

2度目の韓国旅日記が始まりました

2008年12月17日を振り返るvol2


e0023512_15144688.jpg
ゲートを出るとトレンチコートを着たビンちゃんが待っていた

でっかい笑顔で 『Boojil !!』 と呼んでいる

あ~ビンちゃん!本当に来てくれたんだ~ 大きく手を振るわたし

2ヶ月前、ホンデの街中で5回も偶然に出会えば 必然的に仲良くなるもの

ビンちゃんはソウルではちょっと名の知れた、タトゥーアーティストだ。
韓国人男性は、すごく紳士的だ。

重たいバッグパックは自分で持つのが当たり前

しかしここでは9割の確立で 『持ってあげるよ』 と言われる

日本人女性を虜にするのは この優しさからくるのかもしれない

『いいえ、わたしは大丈夫よ』 そう答えてニカっと笑う。

旅中は疲れを知らぬ むしろ苦労しているときが嬉しいのだ。

タクシーでビンちゃん家に行く前に、ちょっと飲みにいくことにした。

ソウルの冬は本当に寒いと聞いている。

外に出ると、冷たい風!でもそれほどでもない。日本よりは寒いけど。

ひとまずバッグの中にあるオレンジ色のダウンは必要なさそうだ。

ホンデというエリアに以前滞在していたので、最初にここに立ち寄りたかった。

ビンちゃんオススメの飲み屋は今日は満席。

おいしいトンカツがあるよというので、まずは腹ごしらえ。(あ、ビンちゃんがね)
e0023512_18514768.jpg


わたしは本日3度目の夕食。まさにスモウレスラーである。

e0023512_18542254.jpg


ビールを一杯飲んで、まさに至福の時。

韓国は本当に安全なので、荷物の心配とか気にしなくていいから嬉しい。

アジアとかだと、パスポートはズボンの中にしまっていたもんなぁ。

国によって違うのって面白いけど、いろいろ考えるよね。

e0023512_1957562.jpg

おなかも落ち着いたところで、その後もう一軒行こうと

ビンちゃんオススメの 『Vinyl』というBARへ

ビニールと読むんだけど、本当にビニールでお酒が出てくる

テイクアウトも可能。外観はとってもかわいいロボットのお家みたい。

e0023512_19581214.jpg

テキーラサンライズかなんか頼んで 4000W (270円くらい)

安いな~それにしても

ビンちゃんはわたしをオーナーに紹介してくれて

最近つくったわたしのお気に入りのステッカーを店に貼ってくれた。

それがとても嬉しく、良い思い出になった

みんなも今のうち韓国いって、おいしいお酒みつつヤキニク食べといで~

ほろ酔いでタクシーつかまえ、今夜はビンちゃんちにお世話になりました。

つづく
[PR]

by boojil | 2008-12-24 15:15 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.1   

2008年 12月 23日

2008年12月17日から22日まで韓国に滞在していました。

2度目の韓国旅日記が始まります

2008年12月17日を振り返る


e0023512_21515422.jpg


アシアナ航空 20時 韓国キンポ空港行き

2ヶ月前に行ったばかりの韓国にこうしてまた足をのばすのは

会いたい人が沢山いたから

なさねばならない仕事も山積み 行ったら危険!前方に見えるは安全牌

しかしそれでは女がすたるではないか!!

仕事が終わらないと韓国にいけない ひとまずできるものから片付けていく

13時 まだ旅の荷物をパッキングしていない私は正直焦っていた

今日は前回の失敗を恐れていたので (前回わたしは飛行機に乗り遅れたのです

父さんのお言葉に甘え車で羽田に向かうことにしていた

そんなわたしはペーパードライバー 恐怖の腰抜け なのに今回も一人旅

仕事もうまく片付いて 大急ぎで着替えやらなんやら入れて出発

16時に家を出た

無事2時間前に到着 父さんに挨拶をして いざ韓国へ

しまった!ここで気がついた。

韓国についてのガイドブックもなければ、指差し会話帳もないではないか


準備万端!ではない。 あ~いかんいかん

落ち着け ブーコ なんだか落ちつかないのは腹が減っているせいなのに気づき

絶対においしくない 空港のカレーライスを一気にたいらげる

お腹いっぱい ようやく落ち着く まるで赤子のよう もう眠い

あっという間に搭乗時間 

ここで第二の失敗 そうアシアナ航空では機内食のサービスがあるのだった

韓国までたったの2時間半しかかからないのに なんだこのうまそうな機内食は!
e0023512_2214136.jpg


さっきカレーライスを食べたばかりというのに わたしは2度目の夕飯を

さっきのことはなかったかのように うまうまたいらげた

今回は無印良品の 4コマノートを持参していたので

旅日記を1コマ、1コマ収めていく

うーん なかなか楽しい

今回はホテルに泊まらない 前回仲良くなったビンちゃん宅に泊めてもらうのだ

韓国の暮らしとは いったいどんなものなのか

期待でいっぱいのわたし ようやく22時半 キンポ空港に到着

ビンちゃんが迎えに来てくれるというのは 果たして本当なのか!?

わくわくしながら ゲートを出た
[PR]

by boojil | 2008-12-23 21:54 | 韓国の旅- 친구&친구