「ほっ」と。キャンペーン
Woman.excite

<   2007年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧   

2007年振り返り と 2008年を迎えて   

2007年 12月 31日

e0023512_12502274.jpg

遅くなりましたが、新年のご挨拶!
明けましておめでとうございます!

2007年もほんとーーーーーーーーーーーーにあっという間でした!
とくに最近、時間の流れが最高に早い!!!!!
さて振り返ってみましょう。

●1月  
・個展 『SWITCH』 in 東中野 hair salon SWITCH
・愛犬マルコが発情して人を3人噛む 警察に連行される

●2月  
・常設展開始  『Boojil×CIMOLO CAFE』 横浜チモロカフェ     

●3月  
・彩音~zion 出店 横浜ベイホール

●4月  
・アースガーデン春 出店 代々木公園

●5月  
・Design Festa vol.25 東京ビックサイト
・ホームページのお仕事を開始

●6月  
・マリーニモンティーニ企画 Brooch展  洗足池ギャラリー・ラ・ボルヌ
・Perfect Seed ”&"100万人のキャンドルナイト前橋 大蓮寺

●7月  
・FUJI ROCK ’07 参加
・アースガーデン夏 代々木公園 

●8月  
・6日はBoojilの誕生日、23歳になりました。
・個展 『絵本 ぴっちゃん』 祐天寺 ギャラリー日向堂
・年内に海外旅行に行きたいな~と思い始める

●9月  
・夏前から順調だったお仕事がとにかく忙しくなり、作業に明け暮れる
・仕事を終わらせ、沖縄一人旅に出発
・前から気になっていた、メキシコに行く決心をする


●10月 
・朝霧JAM ’07参加
・メキシコ行きのチケットを取る
・お仕事の自分へのご褒美に、CANON一眼レフを購入
・Boojilwebsite,ホームページをリニューアル
・メキシコへ出発


●11月 
・メキシコ滞在中、来月は北海道のニセコ旅行にいくことになる
・メキシコから帰国 

●12月 
・Brooch展  マリーニモンティーニ企画 洗足池ギャラリー・ラ・ボルヌ
・来年の個展に向けて作品制作中
・北海道はニセコ旅行


こうして見直すと、2007年は、4回の展示と、6回のイベント出展。去年と比べると回数が少なくなったのは
お仕事が増えてきたおかげでしょうか。
本当に応援してくれてるみんなには、感謝してます!いつもどうもありがとう。
来年はもーーーーっともーーーーーーーーっと頑張るのでどうぞよろしくお願いします。


今年は小学館【PS】の皆様に、本当に御世話になり、年内に6回と、
去年よりも沢山お仕事が一緒にできてとっても嬉しい年でした。
編集部の方も楽しい人ばかりで、パーティーにも呼んで頂き
楽しい一日を過ごすことができました。
わ~キレイな人ばっかり!あたしもキレイになりたいなぁ。


■2007年にしたいこと 去年のブログでかいた抱負

・2度目の海外での展覧会 2008年モチコシ
・ダイエット 豚から鹿へ 2008年モチコシ
・ウクレレ 素人でいいから 成功です
・絵本2作目 気違いって呼ばれたい成功です
・海外へ2度目の貧乏旅行 成功です メキシコ
(メキシコ・チェコ・サンフランシスコ・オーストラリア・スペイン・イギリス・韓国のどれか)
・デザインフェスタに3度目の参加 成功です
・料理うまくなる 成功です
・髪を伸ばす 成功です
・仕事を増やす 成功です
・親孝行する 成功です
・マルコともっと一緒にいる マルコは狂犬でした
・正月は食べ過ぎない お節やっぱり好きです
・英語頑張る 2008年モチコシ
・鎌倉を制覇する 2008年モチコシ
・そろそろ豚から女性、いやむしろ乙女へ 乙女ってそういえばなんだろね!
以上です。


2008年今年の抱負
・引き締まったボディーを得る!
・年に一度の海外への旅 国は未定 (オーストラリア・サンフランシスコ・インド・韓国 のどれか)
・展覧会に力を入れる
・英会話・スペイン語をちょこっとずつ勉強
・貯金 2,3年後留学したい
・作品の幅を広げる
・絵本3作目を冬あたりに作りたい


本年もBoojilとその作品たちをどうぞよろしくお願いします。
2008年があなたにとって最後まで素敵な年になりますように。

e0023512_12535766.jpg

写真は、元旦朝6時半すぎに見た日の出
太陽ってカメラを通さないで見ると、虹色なの、知ってた?
[PR]

by boojil | 2007-12-31 12:09 | 日記

砂で絵を描く 2007/10/31   

2007年 12月 30日

e0023512_1151022.jpg

お墓はだいぶ広い。そして一つとして同じものがない。

ここまで個性が出るなんて。家の形をしたお墓、ブーゲンビリアを飾るお墓。
キリストのオブジェがかっこいいお墓。
こんなことを言っては不謹慎だけれど、美術館のようだ。
e0023512_1202240.jpg

こうして祭壇付近では、砂で絵を描いて飾るそうだ。
特にここのお墓は、沢山の砂絵があって、コンテストも開くようだ。

ん~改めて不思議に思う。日本で言うお盆はこちらでは死者祭。
お盆にコンテスト、そんな感覚は、なんども言うが日本にはない!
e0023512_122255.jpg

この絵が全部砂で出来てるっていうんだから、すごい!
作業を見ていたら、下絵を描いていないように見えた。
きっと長年この仕事をしているんだろうけれど、それにしてもすごい神業だ!
e0023512_126854.jpg

こうしてお墓を一周し、外へでた。
こうしてみると、やっぱりすごい。お墓への入り口はイエロー。

神様カップル、わこちゃんの体調がどうもよくないので、
帰りはみんな疲れていたし、タクシーをつかって宿までビップに帰宅。
窓から入る、風が気持ちいい。タクシーの料金は距離できまる。
10分走ったくらいだと、だいたい20ペソ(220円)
e0023512_1324388.jpg

写真はタクシーを降りたときにあった、洋服屋さん。
[PR]

by boojil | 2007-12-30 01:23 | メキシコの旅

お昼にキレイなお墓へ行こう  2007/10/31   

2007年 12月 30日

e0023512_021344.jpg

ちょっと名残惜しいけど、マーケットをあとにして、わたしたちはお墓に行くことにした。

アイスクリーム屋のおじさんが言うには、
今夜はXOXO(ホホ)でお祭りのようなものがあるそうな。
そして、これからいくお墓周辺では、死者祭にあわせたデコレーションを見れるらしい。
お盆に祭、この感覚はすごく興味深い。

死者祭は、11月1日・2日が本番なのだけど、前夜祭?として今夜も盛り上がるらしい。
e0023512_08574.jpg

どこへいっても、楽しい。そして大好きな友達がいると本当に淋しくない。
一人も、もちろんいいけれど、友達といっしょに行動するのもまた良い。
だってここはメキシコだし、友達カップルはわたしと地元が一緒なんだから、不思議だ。
e0023512_0101542.jpg

メキシコの住宅は面白い。ちょっとした空いているスペースでもあれば、
オブジェや植木鉢を飾るのが習慣のようだ。
このセンス、日本ではなかなか見ない。真似したいなぁ~

暑い日差しの中、20分ほど歩くと、ようやくお墓に到着。
[#IMAGE|e0023512_0182877.jpg|200712/30/12/|
[PR]

by boojil | 2007-12-30 00:10 | メキシコの旅

マーケットは大きな台所 2007/10/31   

2007年 12月 29日

e0023512_23515428.jpg
マーケットへの熱は冷めない。
もうここはパラダイスだ!まさに私の天国!好きなものしかない。
そんな世界があるなんて、驚いてしまう。

このブリキの雑貨屋さんでは、友達のために10点ほど、オーナメントを買った。
鮫マニアのあの子には、残念ながらニアミスのシャチのオーナメントを。
e0023512_23525985.jpg

野菜だってカラフル、中でもアボカドはどれをとっても食べごろのようだ。
日本ではいつだって、時期を間違えて出てきてしまったアボカドが溢れていて
なんだか気の毒だったもんなぁ。

自炊はまだする予定がないから、旅の後半はキッチンがある宿でも行こう。
e0023512_2355392.jpg

オアハカはチーズが有名らしい、ちょっと試食させてくれるというので、
試してみた。うまい!ほんとうに美味しい。これには驚いた。
日本で食べてきたチーズより遥かに新鮮で、味が濃い。
オアハカチーズが有名な理由も分かる。

チーズ屋のおじさんは、どうやら日本人が好きらしく、写真を撮ろうとろうと、ねだる。
ありがたいことだと、肩を並べるとほっぺにチューされそうになった。
熱血、あついなぁ。メキシコは。 

日本とは大違いである、分かりやすいというか素直というか。
e0023512_23575475.jpg

チリにもこんなに黒いものがあるんだねぇ。
オアハカにはモーレネグロというチョコレートソースの料理があるらしい。
ソースに色んなスパイスを混ぜるんだそう。何しろ真っ黒なんだって。

このチリはそれに使うのかな?
[PR]

by boojil | 2007-12-29 23:59 | メキシコの旅

メキシコのマーケット 2007/10/31   

2007年 12月 29日

e0023512_19175012.jpg

おはよう、約束通り宿につくと友達の神様カップルに無事会うことができた。

とりあえず朝ごはんを食べていないので、ホテルのレストランで朝食。

オアハカのコーヒーは何しろ薄い。アメリカンだからって限界がある。
あ~美味しいコーヒーが飲みたい。

彼ははベジタリアンだそうで、
先にこちらに来ていた二人は食事にはとても苦労していたらしい。

どうやらメキシコは肉料理がメイン、
タコスなどのトウモロコシが原料のタンパク質を豊富に取るので、
かなりカロリーが高い。そして野菜不足にもなりやすいのだ。

だからみんな体が大きいんだな。と益々、納得!
そういや前方を歩くおばちゃんは、ほぼ100%正方形だ。

いやしかし、正方形に太るにはどうしたらそうなるのか不思議でならない。

やっぱり食事のせいなのか? 食事を済ませ、
とりあえずはオアハカにあるマーケットで買い物をすることに。
オアハカには、マーケットがいくつかある。 
今回はお土産がいっぱいのマーケットと、衣類メインのマーケットに行こうか。
e0023512_23102918.jpg

マーケットに行く途中、ソカロ周辺でよく靴磨き屋さんを見かける。

日本でも昔はよくあったけれど、今はみなくなった靴磨きの商売。
メキシコでは、よく目にする光景で、靴磨きの仕事がなりたっているようだ。

子供から大人まで、みんな一生懸命仕事をしている。
50代くらいの男性が、外国人旅行客の小学生くらいの男の子の小さい靴を
磨いているのを見たときは、少し複雑な気持ちになってしまった。
e0023512_23285646.jpg

街はもう死者祭が近いということで、祭壇に飾る花がマーケットには溢れて、
不思議なことに花もカラフル。

日本の合わせ方とはまた違って、大ぶりの花びらに派手な色の組み合わせ。
ん~メキシコらしいってこういうことなのかな。とにかくすごくキレイ!
そして安い!何本もの花束は1つ、10ペソ!(約110円)
これには驚きです!
e0023512_2332736.jpg

マーケットの中には、外国人旅行客にむけた、お土産街もある。

メキシコ雑貨ってすごい可愛いんです。もう日本にいるときからメロメロだったものだから、
オアハカのこのマーケット、わたしにはもうたまらない場所で、何日いても飽きません!
約束できます、本当に。
e0023512_23305135.jpg


このお店はブリキで作った雑貨だけを取り揃えたお店。
一つずつ、ペイントしているものがほとんどだそうで、なんとも可愛らしい。
まだメキシコにきたばかり。いつもは旅の最後にお土産を買うのだけど、
ここまで広いマーケットだと、一度見つけた良いものはなかなか再会できないそうなので、
良いものは好きなだけ好きなように買うことを決めていた。

初めてのマーケットでの買い物はもう止まらない!
こうしたお土産グッズを含め、まる1日の生活費 7000円 /1日 とだいぶ豪華にしていた
つもりだったが、ここまで欲しい物が揃うとどうしようもない。確実に足りなくなりそうである。
e0023512_23432937.jpg

ん~このテイスト、まさに私の好みにドンピシャ!たまりません。
[PR]

by boojil | 2007-12-29 19:18 | メキシコの旅

カラフルな街 2007/10/31   

2007年 12月 27日

e0023512_2173048.jpg
かわいい子供たちの仮装パレードを見て、大満足のわたしは、
そのままソカロをぶらぶらと歩く。
ソカロにはこうしてお菓子がいっぱいはいったカゴを片手に売り歩くおばさんや子供を
よく見かける。お菓子屋さんだ。
日本で言えば移動駄菓子屋とでも言おうか。
とにかくずーっと一日中、お菓子を売っている。わたしも一つ買ってみた。
お菓子はアメリカのお菓子に似ている。ホールズ?飴はアメリカの味がする。


時間はまだ9時、新しい土地をぶらつくと、時間を忘れてしまう。
けっこう歩いたかな、そう思った頃にはもう9時。なんと2時間も散歩していたようだ。
e0023512_2175757.jpg

10時に神様カップル(前回書いた日記を参考にしてね)
会う約束をしていたので、ホテルトレボルに向かう。

向かう途中、トレボルの前はマーケットになっていたので、
ふらり立ち寄ってみた。メキシコのマーケットは面白い。
いつも売られているのか、分からないけど、マスク屋さん。
店のおじさんはとっても友好的。こうしてみんな優しく声をかけてくれるのだ。
e0023512_21892.jpg

マーケット内はとにかくカラフル。
キッチン用品も、おもちゃも、お菓子も、そしてお店そのものが
とっても派手で、店員さんだって、来ている服がみんな赤とか、ピンク、黄色に青
原色をかきあつめて、ドーン!と、乗っけたような感じ。
あ~欲しいものがいっぱい!もう大興奮のわたしだったが、早いもので約束の時間。
e0023512_2182090.jpg

神様カップル、えいこう×わこちゃんに会うために、宿に向かう。
メキシコの肉屋さんは生なましい。
わたしには何ともないが、リアルな世界が苦手な人のために載せないでおこう。
鶏は足がついたままだし、ブタの顔だってもちろん売っている。

メキシコは日本と違って、肉→動物を殺める この事実を目から感じることができる。
本来ならそうあるべき、この風景も日本ではきれいさっぱりなくなってしまった。
田舎にいけば、まだまだその風景は残っているのだろうけど。
e0023512_21831100.jpg


路上に並ぶ、花屋の美しさといったら、心から感動してしまう。
この真っ赤な壁がまったくいやらしくない。
原色だらけのこの街で、今日はどうやって過ごそうか。
e0023512_2195873.jpg

[PR]

by boojil | 2007-12-27 02:18 | メキシコの旅

オアハカと死者の祭り 2007/10/31   

2007年 12月 27日

e0023512_03930100.jpg

今朝も6時半に目覚めた。まだ少し眠い。
せっかく早起きしたのだから、市内を一人で歩いてみようか。

朝のメキシコの町を歩くのは初めてだ。
顔を洗って、服に着替える。

ペルラの宿には旦那さんの作った、作品が所狭しと並んでる。
わたしの部屋にも、広間にも、それはあって、どれもとても可愛らしくてセンスがよかった。

階段を下りた場所には、仲の良さそうなカラベラ(ガイコツ)が飾ってある。
そういえば今日は死者の祭、一日目だったかな。
買ったばかりの一眼レフ、鞄にしまって外にでた。
e0023512_0395899.jpg

メキシコの日差しはとことん強い。
かわって日陰に入れば肌寒く、太陽の力のすごさを知る。
そんな強い太陽にも負けないくらい、元気をもらえるメキシコのカラーにわたしは
ドキドキして、もうシャッターを切ることしか頭になかった。
一歩進むごとに表情を変える町並み。
向かいから来る、メキシコ人のまっすぐな瞳にはいつもワクワクする。
e0023512_0435785.jpg

近くの屋台で、ミルクを注文。こっちのミルクは味が濃くてなかなか美味しい。
屋台のお母さんに声をかけられるが、やはりでてくる言葉は全てスペイン語。
とにかく生まれたばかりの可愛い赤子に 「ボニート」(可愛い)と言うことが精一杯。
e0023512_0494232.jpg

ここ、ペルラの宿から15分ほど歩くと、街の中心部、ソカロに出る。
ソカロとは、街には必ず一箇所はあるような広場のようなところで、
周辺には屋台、店、銀行、教会などが集まっている便利な場所でもあり、
家族や恋人たちがベンチに座って、休日を楽しんでいたりする場所でもある。
e0023512_047485.jpg

ソカロを一人、ぶらぶらしていると、子供たちがパレードをしているのが見えた。
おぉ~死者の祭、前日祭ですか!これは一緒に歩くしかないでしょう!

あら~なんて可愛らしい。このパレードはなんだかハロウィンのようです。
子供たちはみんなそれぞれ仮装していて、一緒に歩く。みんなすごく可愛い。
e0023512_0525676.jpg

そんな中、シャッターを押し捲ったわたし。
おっとパレード中の子供たちの中に、ものすごく興味深い女の子を発見。
e0023512_262747.jpg

彼女、なんとわたしの小さい頃の顔にソックリ!今ここで昔のわたしの写真を
お見せできないのが本当に残念なのだが、この子の写真を見たわたしの母も賛同している。
同じく父も。うーんメキシコでわたしに出会うなんて。実にビックリなお話である。

つづく
[PR]

by boojil | 2007-12-27 00:58 | メキシコの旅

メリークリスマス!Boojilからプレゼント   

2007年 12月 25日

e0023512_2335844.jpg
みんな、メリークリスマス!素敵なクリスマス、過ごせたかしら?

クリスマスは美味しいごはん、良い音楽、良い笑顔でいたいね。

世界中の人が笑顔でいられますように。

メキシコで会ったマリア、あなたにサンタさんはやってきたかしら?
10歳のハシエル、ママに甘ったれて楽しいクリスマス過ごせたかしら?

クリスマスも終われば2008年がやってくる。

この一年の間に出会った人、みんなが笑顔でいられますように。

e0023512_23431070.jpg

メリークリスマス、マリア。
パタパタくんTシャツに子供用ができました。
http://boojil.ocnk.net/
クリスマスプレゼントにはだいぶ遅いけれど、ホームページで
Boojilオリジナルデスクトップをプレゼントしています。

http://boojil.ojaru.jp/みんなにもメリークリスマス!!!

来年は2~4月まで、展示続きです!大阪にもいっちゃうよ!
[PR]

by boojil | 2007-12-25 23:46 | オリジナルグッズ

ニセコは優しい人ばかり 2007/12/17   

2007年 12月 22日

e0023512_17402134.jpg
シーズンに向けて、外国人がどんどん増えてくる、ここ倶知安町。

そんな中わたしはものすごい厚着のせいで、だるまと化していました。

風邪のなか、わたしに優しい声をかけてくれるスタッフのタケダさん、佐藤さん、友人たち。

感動しつつ、風邪は悲しいことに悪化するばかり。

友人宅では体が休まらないだろうと、近くのペンションにうつることも提案してくれ、

感謝しっぱなしでした。

e0023512_17404656.jpg

そして、夜までおとなしく眠り、みんなにお礼の刺身を近くのすし屋で予約。

夕飯くらいはみんなで食べようと、

ネーサンズに戻ってみると、今夜の夕食はなんと鍋!そして海鮮づくし!
しまった!わたしの刺身7品盛よ、勝てるのか!?

北海道 倶知安のスーパーは侮れません。
うまいのなんのって、海鮮物の安さと、でかさ。

ホタテだって、ものすごく肉厚で、大きいのに10個いり、400円しませんからね。

おいしい夕飯も風邪には勝てませんでした。

いつもの半分しか食べれないわたし。健康が一番とはよくいったものです。

そんなこんなで、風邪をひいてしまうと、書こうと思っても、寝てばかりなので
書くことがありません。

とにかく、皆様ありがとうございました。ってことで、明日は早いもので
北海道出発の日です。


北海道旅行は、雪と優しさをもらいました!みんな大好き!
写真は風邪中で死にそうなわたしと、ネーサンズのみんな
e0023512_17422648.jpg

[PR]

by boojil | 2007-12-22 12:43 | 北海道の旅

忘れるモノと忘れないモノ 2007/12/16   

2007年 12月 20日

朝目覚めると、のどが痛い!北海道、倶知安は乾燥しているようだ。

暖房がなければ、凍死。
暖房必要不可欠なこの土地に慣れていないわたしの喉は、イガイガしている。

なんとも!この風邪の前兆とでもいいましょうか。
そんなの関係ねぇ~ というのは、こんな時に使えばいいのでしょうか?

はて、朝7時に起床、みんなで朝の食卓を囲み、お昼までジャガイモを眺める。
e0023512_22493714.jpg

この芋たち。おいしそうである。

こっちのネーサンズのポテトは最高においしい。
なんてったって、ニセコのジャガイモだし、ヒミツのレシピに隠された味は
ここでは公表できん。とにかく芋に愛情がないと、完成しない代物。
みんなの愛が芋を育てます!そして倶知安のキャラクターもジャガイモ!

e0023512_22541029.gif
「じゃが太くん」
ジャガイモがスキーをしているデザインで、
肌色のじゃが太が、ブルーのスキーをはき、
グリーンのふちどりのスキー帽をかぶっている。

三角形のスキー帽は正ちゃん帽で、
羊蹄山をイメージしたらしいよ。



e0023512_23151299.jpg

友人がすすめてくれた、かわい子ちゃんしかいない、
サンドイッチとケーキのお店をお昼ごはんのターゲットに!

今まで見たことのないでかさのサンドイッチの中身。
そう、それはオムレツでした。はみ出しています。
ケーキも半端じゃない、うますぎる。
ここは夢の国ですか?グルメな街、倶知安。


おなかいっぱい大満足な私たちは、
とうとう恐怖の10年ぶりスキーに挑戦!

スキー場まで徒歩5分。
歩いてすぐあるレンタルショップで一通り借りて、
スキーの始まりです。


カメラは持っていかなかったので、ゲレンデ上からの景色や、
疲れきって、見上げたゆっくり降りてくる、ふわふわの粉雪も
写真には納まってないけれど、ものすごく神秘的だったんだよ。

とっても寒いけれど、とっても静かで、あるのはふわふわの雪だけなんだよ。
きれいだなぁ。って惚れ惚れしちゃうよ。

雪に恋してました。ぽ

雪山は、きっと何か大きな力があるんだろうね。
山は、そういう場所だと思うのです。

そんな大きな力ある、倶知安の山の神様は、わたしに風邪を与えてくれたのでした!

でも、わたしナイターまで、よく頑張った!
幼少の頃のスキーのやり方、忘れてなかったよ!ビバ直滑降!

おかげで帰ってからは、ず~っとぶるぶる震えてしまって、もう大変でございました。

あんなに風情のある、天然温泉で1時間もあったまったはずなのに、
風呂から出るなり、もうだめ。 ぶるぶるぶる

厚着して、もう眠るしかありません。
明日からの北海道旅行、どうしたらいいの~!
[PR]

by boojil | 2007-12-20 23:05 | 北海道の旅