Woman.excite

<   2006年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

一瞬いちスキ   

2006年 11月 29日

e0023512_23324932.jpg

e0023512_233257100.jpg

目の前にある瞬間は たった一度きりで
逃してしまったら もう遠くへ走っていってしまうよ

明日で11月も終わって 12月がやってくる
12月が終わったら 新しい年がやってくる

思い返してみれば あっという間だった

なーんにも考えないで 学校に通って
制服のスカートは短くて 友達と自転車で川沿いを走り抜けて
授業中は爆睡して、先生に怒られて
笑いあってる毎日はあーっと言う間に過ぎ去って

18歳から数えてもう来年は23歳
5年もたってしまうんだ

頭の中ではつい最近のことのよう
あの頃思った大きな悩みは 今になったら小さな小さな悩み

そんな考えがこれからも自分の周りをまわって離れないんだろう
そう思ったら 今悩んでいることもきっと来年には小さな悩みになる

何事もつらい時期を乗り越えて そこから上がっていくしかないんだね
上がったらまた下がるかもしれない
だけどそれが楽しいじゃない 


あたしはそう思う


●写真はアメリカで撮影したお気に入りの2枚
朝日も一秒一秒違う顔を見せてくれた
[PR]

by boojil | 2006-11-29 23:48 | 日記

おもひで写真   

2006年 11月 29日

e0023512_1381084.jpg

写真をよく撮るようになった
どこかに行くたび

旅はわたしをワクワクさせてくれるし、
わたしは誰かをワクワクさせたい

e0023512_1463624.jpg

写真を見て 彼を思い出した 彼もあたしも良い笑顔してたな
お嫁にでていった あの娘 元気にしてるかな

e0023512_1491837.jpg

あの時食べた ご飯の味も 隣にいたあのひとの笑顔も
いつまでも大事にしまっておけたらいいのにな

e0023512_1553571.jpg

あの日見た色も 感じた空気も
全部日本に持って帰ってきたよ
だから今あたしの心はホッコリしてる

明日も明後日もきっときっとね
ずっとあったかい 日曜日みたいに


■最近ほんと写真を撮るのが好きになってね
どこへいっても一枚は撮ってる。
だからホームページで写真のコーナーを今年中に作って
来年にはリニューアルしようと思っています。

そしてあたしが日々思ったこと、自然に出てくる言葉たちをここで遊ばせているのですが
気に入ってくれたひとがおりまして。

一緒に何かやることになりました
それは後日お楽しみと言うことで!

誰かと一緒に創作活動、それもまた人生の楽しみの一つです
何事も精一杯!ね。
[PR]

by boojil | 2006-11-29 02:00 | 日記

ルートカルチャーと今日も個展なのね   

2006年 11月 26日

e0023512_11362381.jpg

今から家をでて個展会場に行きます。
みんなに会うのが楽しみです。

ちなみに明日も一日中(オープン12時)おります。

e0023512_11364987.jpg

さて先日、鎌倉はルートカルチャーにお仕事の打ち合わせの前に行ってきました。
このイベントはわたしも愛する、鎌倉の重要文化財(寺院など)の中で
きちんとルールを守って、鎌倉の文化と、あったかいご飯と、音楽を
楽しみましょうというものです。

古いものと新しいもの、
自然と文化が共存する街・鎌倉の持つ魅力を再発見し活性化してゆくため、
ルートカルチャーは生まれたそうです。


e0023512_1137150.jpg
もともとこのイベントに行く予定でいたのですが、
前の日ライブのタイムテーブルを見たら驚きました。

わたしの愛してやまないハナレグミと、
クラムボン原田郁子ちゃんが載っているではありませんか!

しかも、会場の妙本寺で偶然郁子ちゃんを見かけて、ほんの少しお話をして
一緒に写真も撮ってもらいました。

郁子ちゃんの歌は、本当に大好きで大好きで
飾らない自由な歌詞と、空気のようなふわふわした歌声が
いつも悲しかった時のあたしを涙で助けてくれました。

なので、この日は本当に本当に幸せでした。
みんなにはあこがれのひとっているかなぁ。

e0023512_1139653.jpg


クラムボン*http://www.clammbon.com/
ルートカルチャー
http://www.rootculture.jp/
[PR]

by boojil | 2006-11-26 11:39 | イベント情報

HAPPYオープニングパーティー   

2006年 11月 24日



e0023512_1514831.jpg

今日個展限定のポスターが一枚お嫁に出て行きました。
ポスターは限定10枚製作しました。(5000yen)残りあと9枚です。
(写真のものとは異なり、下の字はないものになります)
社長が特別につくってくれたものです!
購入してくださった、奥様、ありがとうございました!息子さんかわいかったです。
e0023512_1441317.jpg

さて、22日は、Boojilオープニングパーティーでした。
こんなに幸せなことってあったでしょうか!

Boojilを始めて、来年の2月で丸3年たとうとしています。(あと3ヶ月あるけど)
かつてこんなにも幸せなことってあったでしょうか?
毎度のことながら、イベント後のあたしは言っておりますが、
昨日は本気で心の底から嬉しい時間を過ごせたと思っています。

オープニングパーティーは17時から19時の予定が結局8時過ぎまで。
17時に近づくにつれ、お客様も沢山増えてきて、
結果的には50名以上いらしてた模様です。

画廊の社長がボジョレーを沢山あけてくれまして、
友人からは花束とボジョレー。
お祝いとはこんなにも素敵なものなのですね。

みんながみんなとっても素敵な顔をして、わたしの作品と
わたしとのお話を楽しんでくれて、
ワインが効いて、結局一番顔が赤かったのは私とねもっちゃん(友人)でした。

まるで夕日のような顔色は私の幸せ度を現していたのでしょう!笑

大親友とファンの方(ファンの子もみんな友達になりたい私)、そして
バックアップしてくれた社長と菊池さん、そしてスタッフの方。

みんながみんな仲良くなれたことに、深く感動しています。
わたしの一番したいことは、自分のやっていることで、
人と人を結びつけることです。わたしの周りには良い人しかいません!(絶対)

まだまだ個展は続きますが、
こんなにも幸福な気持ちがあとしばらく続くと思うと、
あーいつ死んでも後悔しません。

そんなこんなで私は朝の4時まで祝いのお酒を楽しむのでした。

次回は26日に、画廊に11時から19時までおります。
そして27日は夕方からいます。
お時間ある方、お待ちしております!
[PR]

by boojil | 2006-11-24 01:51 | 日記

今年最後の個展スタート   

2006年 11月 22日

e0023512_37346.jpg

ちょっと前だけど、11月12日、家族4人でディズニーシーに行ったよ。
あまりにも建物が綺麗すぎて、あーやっぱり夢の国なのね。
と感激しました。しかし寒かったなー・・・お母さんのナイキの手袋はめちゃったもん。

e0023512_2593879.jpg












久しぶりに家族4人でテーマパークに遊びにいって、
本当に楽しかった!
父さんはあたしがアメリカで買ってきた
お土産のパーカーにリュックサックをしょって、
まるで小学生でした。

ミッキーの形のアイスをこのクソ寒い中食べていたし
、ミニーちゃんのかぶりものを嬉しそうにかぶっていたし。 

やっぱり父は永遠にキュートなようです。
母も相変わらず天然を発揮してくれました。




e0023512_331366.jpg




もう日付は変わっているので、今日からスタートです!
そうです、22日~はBoojilの今年最後の個展です。
場所は渋谷駅から徒歩1分のアートショップアトリウム。

2006年11月22日(水)~12月5日(火)
場所:アトリウム渋谷店
〒150-0002
東京渋谷区渋谷2-9-15宮益坂ビル1F
TEL/0354668521

東横線出口近く、宮益坂方面出口を出て交差点を上り坂方面にまっすぐ。
宮益坂右側の歩道沿いに額縁屋さんがあります。
そのお店の隣が、アトリウムです。
Boojilのイラストのポスターが目印!

レセプションパーティーは 本日です。
2006年11月22日 17:00~19:00まで
是非お越しください!

軽食・ドリンク・へんてこ話を、
ご用意してお待ちしております。

新作・過去の作品を展示販売いたします。
もちろんおなじみのハンドメイド雑貨たちもございます。

ロサンゼルスで撮影した写真も会場にございます。
ご自由にひらいてみてください。

e0023512_2544280.jpg

なんと、展示のため搬入を前日したのですが、
準備中にたまたま立ち寄ってくださった女性のお客様が、
ゴンザレスマグワイヤーのお化け子供の原画を購入してくださいました。

あー本当に嬉しすぎてドキドキが止まりません。

わたしはいつも、期待しないで結果を待ちます。
なので本当に嬉しくて嬉しくて、驚きました。
もう感激です。ハッピーすぎたので、帰りにスミノフを歩き飲みしてしまいました。
ごめんなさい。だって嬉しかったんだもん。。

今回の個展は日本で初めての原画即売会。
ギャラリーの方に支援していただくのも日本では初めてです。

なので、わたしにとって本当に大切な個展です。

作家としてこれからやっていく上で、とても重要な2週間になると思います。
みんなに会えるのが楽しみで楽しみで仕方ありません。

笑った顔は元気の源!元気のない君も、元気すぎるあなたも一緒に笑おう!
e0023512_371816.jpg

[PR]

by boojil | 2006-11-22 03:07 | イベント情報

ハートが満ちる   

2006年 11月 20日

e0023512_17241091.jpg

あぁ なんて素敵な笑顔なんだろう
とても良い笑顔で ロサンゼルスのフリマにいた夫婦
まさにPEACE


今この日記を読んでくれている 君は笑顔ですか そして元気ですか

友達に悲しいことがありました

昨夜読んだ、吉本ばななのサンクチュアリ

こちらもまた悲しい思い出から抜け出せない
主人公の苦悩が描かれている

ばななさんの作品には死という文字が何度か出てくる
ただ、彼女の文章は悲しい言葉の脇に希望に満ちた救いの言葉が織り込まれてる

人間に生まれてしまった以上は、この地に立たないといけないわけで
コンクリートに寝そべって小さい星さえ見えなくても

新しい朝を迎えたら 脳みそも目の奥も全部 動き始める

刻々と時間は過ぎるよ また一年 そして目の前の一日も

生きていたら嬉しいことばかりじゃない

ワンワン泣いて 感情が何かさえ分からなくなることも ある

誰も信じられなくなってしまうかもしれない

だけど、だけれども 大丈夫

迎えた朝は 昨日見た朝じゃない 
外に出て見上げた空は 昨日見た空じゃない

昨日の自分と 今の自分も そして 明日の自分も違う

まだまだ そう まだまだ これから
まだ見ていない 新しいものが 沢山あるよ

良い顔しようよ これからね
ゆっくり ゆっくりでいいからね

■アメリカで撮影した写真を個展会場のファイルに入れておきます!
楽しんでもらえたら嬉しいです。

いよいよ明後日から個展開始です。オープニングパーティ!是非あそびにきてね
[PR]

by boojil | 2006-11-20 17:45 | 日記

ロサンゼルス 展覧会の様子   

2006年 11月 17日

e0023512_23523817.jpg

レセプションパーティー当日

Davidのお父さん、偉大なアーティスト 
パパジョンと一緒に記念撮影

古着屋で見つけたビンテージのワンピースを着て行きました。
派手な上に、アメリカの食事で一回り太って、おなか周りが気になって仕方なかった。笑


e0023512_23575389.jpg

展示するに当たって、CCAA美術館のデザイナー、ジョーが
わたしたちの作品をアドバイスを交えながら、テキパキと壁に展示してくれて、
とっても素敵な会場になりました。

レセプションパーティー開始30分。
参加アーティストのスピーチには40名ほどのお客さんが
そして横でわたしたちを紹介してくれる、デザイナーのジョー。
主催のひみこさんの、ありがとうの言葉。

みんなのスピーチが終わって、お客さんから沢山の拍手が出たとき、
感動しすぎて泣いてしまった。
だって初めて会う人ばかりなのに、みんなとてもとても素敵な笑顔なんですもの。
あぁ、ここにこれたことを誇りに思います。

e0023512_23591496.jpg

この展示のために書き下ろした、お気に入りの一枚。

展示は今月21日までだけど、その後作品たちはどうなったかなぁ。
お嫁に出て行ったでしょうか、
それともまた家族のままいつまでも一緒にいてくれるでしょうか

e0023512_0105281.jpg

左下のお魚ピュール君もお婿さんとして、もらわれていきました。

e0023512_0113020.jpg

一番右下の、黄色のフレームの原画が、お嫁に出て行きました。
感動したなぁ。嬉しくって。

e0023512_23584475.jpg

レセプションパーティー中、それぞれみんなの作品の前には
お客さんが沢山いらしてくれました。

もっと英語勉強して隅から隅まで説明できるようになりたいな

お嫁にでていった作品たちに、サインをして
お客さんに沢山お礼をいって、
みんな終始笑顔で、疲れなどまったく忘れてた。

あの時間は本当にあっという間だったけれど、
ものすごい幸福感で、あたしはなんて幸せなんだろうと思った。

帰り道、夕暮れ5時半

できすぎたような夕焼けが、あたしたちを迎えてくれました。
あの景色、思い出しただけでもため息がでちゃう。
思わず両手を口に当ててしまうほどのサプライズ!
e0023512_0175033.jpg


反対側には大きな大きな満月が
あんなに近くて大きいお月様を見たのは、生まれて初めて

帰り道はずっとビートルズとベンハーパー
切なくって、ドキドキが残りました

夕飯はデービッドのお家で自炊
home sweet home
この日のサーモンはBBQで
あんなにご飯がおいしかったのは、アメリカで初めて!
e0023512_0211122.jpg


帰りたくない衝動を隠して、翌日早朝4時半に起床するのでした。
今現在わたしはホームシックアメリカ版です
(写真をありがとう!今回の日記の写真撮影はチバサトコちゃんのものです)
[PR]

by boojil | 2006-11-17 00:22 | ロサンゼルスの旅

アメリカの旅 大自然編   

2006年 11月 14日

e0023512_22192341.jpg
ロサンゼルスの中心部から
おおよそ車で2時間。

あたしが滞在した
RANCHO地区はとっても、
美しいのどかな場所。
黄色のドレスが似合います。

ロスは治安が悪いで有名だけど、
こっちはそんなことないみたい。

朝は野生のリスも見れたし、
夜はコヨーテが歩いてた。





マツボックリの大きいこと!!
手には収まらないほどの大きさ
ここの植物は全てがビッグサイズ


e0023512_23125091.jpg

















車から見える景色は、
澄み切った空と真っ白いお月様。

そして大きな大きな太陽。
光があんなにまぶしかったことって
なかったかも。

アメリカは大きな大陸。

丘の上から見える景色は
ずーっとずーっと遠くまで。
あたしこんな世界みたことないわ。

e0023512_2318770.jpg


大きな岩の山。
ディズニーランド??
でもあそこは夢の国。
世界の素敵な場所を凝縮しているんだね。

そう、今日はドライレイクへ行く日。
ここは砂漠地帯でしょ、
湖もひえあがってしまうんだって。


e0023512_22394791.jpg

ピンクに染まっていく空を、
窓越しにながめていたら、
なんだかとっても嬉しくなって。

そのうえ
ステレオから流れる
ベン・ハーパーのギターの音色
あーあの素敵な声が
とっても気持ちを愛しくさせてくれました。







到着
後ろに見えるは、
まんまるお月様

目の前には
言葉では言い表せないくらい綺麗な
藍色と小麦色 ごうごうと風が吹いているのに
神秘的な場所

e0023512_22414649.jpg



お月様が見えるのに
あたしはここが
お月様の上なんだろうと
思いました。

風の音だけ聞いて
風の音だけ聞いて






e0023512_2245225.jpg













ただ日が落ちる色がにじむ

時間がたつにつれて 深く色づいていく

深呼吸をして
ただ眺めているだけなのに
涙が出てきた

自然の大きさに感動 ため息が出た


e0023512_22503658.jpg

e0023512_2325687.jpg


日が暮れて ドライレイクにさよならしたら
今度はお空に沢山の お星様が現れて
数え切れないよ 数え切れないよ

まんまるお月様は 浮き輪みたいな
光のわっかのパワーをあたしたちに分けてくれました

展覧会が成功したのも きっとお月様のおかげ
ありがと お月様
[PR]

by boojil | 2006-11-14 23:04 | ロサンゼルスの旅

ロサンゼルス 旅日記   

2006年 11月 11日

e0023512_8561754.jpg
あっちの世界に
降り立つまでのあたしは
まだなんにも
分かっていなかったのかもしれない

荷物をひとつにまとめて 押し込めた

15分遅れの足元 
そう今日はアメリカへ発つ日

自分のために 違う世界を見に行くんだ

大韓航空 9時間のフライト 
あっという間に時間は過ぎて
空港に到着 





e0023512_8551690.jpg
降りればもう 

そこには溢れる アメリカ
電話も トイレも 
売店のお菓子たちも

もうここは日本ではないのね





一時間待つこと
アメリカでこの企画のために動いてくれていた デービッド教授とご対面
あたしの中の【教授】と言う、イメージを良い意味で、とことんぶち破った彼。

アメリカ到着後 初めての英会話
nice to meet you. My name is Boojil.

その後挨拶のハグ。 ハイテンションの笑顔。
あーなんて素敵な人なんだろう。
仲良くなりたい 


彼はこの企画を一番最初にたててくれた、ひみこROSEさんの友人。
その、ひみこさんはアメリカと日本のハーフでとっても美人で素敵なアーティストです。
彼女のおかげでアメリカの大地を踏めたようなもの。今も感謝の気持ちでいっぱい。


空港から、宿まではかなり距離があるので
ロサンゼルスの一部を観光することに

e0023512_941175.jpg

デービッドはネオンアートを生徒に教えたりもしているそうで
ネオンアート美術館・世界から集めたアート本などを扱う大きな本屋・街のスーパー
小さなギャラリー・ハロウィン用のコスチューム屋

車からの景色に 感激 街に並ぶ、背の高い大きな木
街を歩く人たち ダウンタウンのホームレス 聳え立つビル
サングラスの間のとんがった鼻 ここはロサンゼルス

あたしには見るもの全てが 新鮮で
道路にある消火栓だって 写真に収めたくなる

旅にわくわくはつきものだ

e0023512_9101497.jpg

こっちの天気はそれはもう素晴らしくて
毎日が晴天だった

砂漠地帯に雨はふらない 
空気はカラッとしていて
雲ひとつない 良い天気

かぶっていたニット帽もフェイクのコートも 
お昼は必要ないみたい







スーパーを出て再び車に乗り込む
運転はデービッド 口からこぼれる楽しい言葉はあたしを笑顔にさせてくれた


e0023512_915353.jpg

宿まで砂漠地帯をドライブ
大きな大きなサボテン 背の高いジョシュアツリー 
もう全てに驚き 窓ガラスから両手を離せない私 右も左も ここはアメリカ

宿のキレイさと言ったら!素敵!ウッディーなログハウス
もうここときたら、あたしを虜にさせて!
あたしは二段ベッドの下段で、小熊の様に空気の澄んだ朝を毎日迎えていました。

e0023512_9174586.jpg



この旅では常に笑顔が耐えなかった
サボテンのトゲで指がちくちくしても
日本にいる間の苦い思い出も
ハンバーガーの大きさに 胃袋が驚いても

全てを丸め込んで溶かしてくれる
この広い大地に感謝してる
感動をありがと











アメリカ人の住居のでかさと言ったら
それはもう!すさまじい。
あー憧れちゃうな。こんなお家。
おしゃれなバスルーム・広いキッチン・大きな木のボール皿・土足OKのリビング
ロックの神様ディックデイル、音は爆音でも大丈夫、部屋にはアートがゴロゴロ



e0023512_9333658.jpg














あー憧れちゃう ここはアメリカ
日本とアメリカのアートに対する想いが違うのも分かる気がした
部屋へのこだわりがものすごい


e0023512_9252670.jpg


アメリカへの旅1 終了
続きは

●大自然編
●アート編
●ハート編

と続きます!乞うご期待!そして今日はどっぺるなんちゃら倉庫です。
[PR]

by boojil | 2006-11-11 09:26 | ロサンゼルスの旅

どっぺるナンチャラ倉庫   

2006年 11月 10日

e0023512_2347699.jpg
明日はイベントだよー!

2006.11.11 sat
ドッペルナンチャラ倉庫


開場:17:30/開演:18:00
http://dopperu.com/index.html

「絵を奏でる」
ドッペルナンチャラ倉庫とは・・・
ライブペインティングショー 絵と音楽の化学反応。
即興とはなにか? 異ジャンルセッションとはなにか?
音楽とアートの混合イベント!!!


Boojilは初参加、ライブペイントで登場します。

〒277-0024 千葉県柏市若葉町3-3
JR常磐線、東武野田線、柏駅東口より徒歩10分。

お問い合わせ tel.04-7139-5855

"monaizo(モナイゾ)"とはドッペルナンチャラ倉庫のイベント、クロッキー会が行われている場所になります。
モナイゾ付近には充分な駐車場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。


■チケット
前売り1500円/当日1800円/前売り、当日ともに1ドリンク付き

前売りチケットお求めの方は「お客様のお名前」「チケットの購入枚数」を明記の上
info@dopperu.com までメールをください。

□前売りチケット販売の流れ
1.お客様/「お客様のお名前」「チケット購入枚数」を明記して info@dopperu.com までメールをください。

2.当方/後日、確認のメールを送らせていただきます。

3.お客様/イベント当日、受付での清算となります。受付の者にお客様のお名前をお伝えください。



--------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by boojil | 2006-11-10 23:45 | イベント情報