Woman.excite

カテゴリ:日記( 373 )   

いろいろと考えたことを そのまま描いてみる 書いてみる   

2011年 03月 28日

e0023512_18482062.jpg

今日は一日家で仕事をしていましたが、

昨日まではしばらく外出していたのだけれど、

不思議なことにどこへいっても ばったり会いたかった友達に会う

あんなに人の多い大通りで 初めて入った店で

それも、驚きの2日間連続で それぞれ違う人に



少しずつ元気をもらった

心の中のざわざわが ほんの少しはがれていった



めぐり合わせは目には見えない だからおもしろいし

生きている間にきっとこれからも沢山たくさん あちらからやってくる

自分の中に強い気持ちがあれば 信じる気持ちがあれば

きっと元気でいられる みんながみんなそうであってほしい


まだまだ日本は大丈夫です!



わたしは夜 目を閉じる 朝がきて 目を覚ますと 最近嬉しくてたまらない

今日も一日を過ごせることが うれしくてたまらない

この頃は 心の中で ありがとーと太陽に伝えています



日曜日は原宿に出かけて 

ラヴ・フォー・ニッポンのチャリティーフリマに参加した。

たった一日で400万円以上の売り上げが義援金となった。



ひとりひとりの力は非常に小さい だけど簡単なこと

100万人の人が 1円ずつ募金すると 100万円になる

それを毎日続けると300万円になる 一年だと365000,000円 !!!!!!!!!!!!!

3億6千500万円ですよ! 

そう考えただけで、なんだか夢が広がる

募金箱に1000円を入れること は

これから何年も毎日出来ることじゃないけれど

1円だったら苦にならないのではないか

そう考えたら継続してやっていけるような気がしてきた

みんながんばろう そして一緒に元気を取り戻そうね

そして、何より一番大切なのは 誰かを思いやり 愛することだと思います。 

あいらぶ みんな あいらぶ 日本!
[PR]

by boojil | 2011-03-28 18:29 | 日記

あいのかたまり    

2011年 03月 24日

e0023512_2021397.jpg

バングラデシュでスケッチをした絵に色をつけてみた。

今までいろいろと旅をしてきたけれど、どこへ行っても思うこと

そしてずーっと変わらないでいてほしいもの

それがお母さんと、子供の関係


バングラデシュでも、沢山の親子を見てきた。

たまたまわたしが会った母と、子供は 愛でいっぱいだった

みんなにとって当たり前であってほしい

どこへいっても この関係だけは


最近ショックな話を聞くことが多い

また背骨真ん中が痛いなぁ あぁ、分かった。

背骨の真ん中は、心が痛んでいる証拠

お友達のトンチや、じゅんちゃんが言ってたっけ。

分かりやすいな わたしの体は 簡単でよかった!

ここが痛くなったら外へ出かけて 疲れたらお風呂に長く入ろう

それを繰り返していれば、きっと元気でいられるだろうな

急遽休みができたので、今度の休みはちょっぴり遠出

今から楽しみです。

それがわたしにとってのメンタルケアになることが この歳でようやく分かった。

そんな時にたくさん涙が出て、スカッとできる歌がある

わたしの大好きな歌で オニさんの 『あいのかたまり』

彼女の歌はとても力強くって、一度でいいので生でこの歌を聴いてみたい。

産まれてくる 子供はみんな お母さんを愛している

小さな小さな体に 大きな愛を抱いて 産まれてくる

あぁ それは あいのかたまり そのもの

みんな子供 だれかの子供

この世界は子供で出来ている

探しているものは ひとつ 欲しい物は ただひとつ

あぁ それは あいのかたまり そのもの



この曲を聴くと どんなときでも とても満たされて 感動してしまう

今日は何枚も絵を描いた。

こんなに自然に色んなものが出てくるのは どれくらいぶりだろう?

不思議なくらい 次から次へと描きたいものが出てきて

そんな自分に驚いていた。

明日もまた楽しく絵が描けますように
[PR]

by boojil | 2011-03-24 20:47 | 日記

バングラデシュで想ったこと 家族の大切さ   

2011年 03月 23日

e0023512_1134494.jpg


バングラデシュの農村部の子供たちと記念撮影。

驚くほど人懐こい彼ら。言葉が通じなくてもずーっと飽きずに遊んでいました。

わたしは子供が大好きです。同じ目線で色んな話ができるから。

上も下もない。子供の世界はみんなが平等でいてほしい。

農村部の子供たちのほとんどは靴をはかずに外を走り回っています。

泥だらけだけれど、ピカピカの笑顔でいつも旅行者を迎えてくれます。

わたし、今回の地震で人生の優先順位がはっきりと見えました。

仕事ももちろん大切だけれど、どこにいても一番大切なのは家族。

家族がいてくれるからこそ、仕事も落ち着いて出来るような気がします。

友達や、恋人もそうだと想う。

離れていても想い合える人がいることは、何にも替えがたい。

バングラデシュで強くそう思いました。

e0023512_126096.jpg


仕事ももちろん大切です。わたしの生きがいでもあるけれど。

仕事もお金も、夢も、名誉も 家族には替えることができないなぁ。

地震を体験して、感じました。

わたしには両親と、姉、犬のまるこ

母方のじいちゃん・ばあちゃん 

そして父方のじいちゃん・ばあちゃん

従兄弟の家族もみんな元気で これまで親族の葬儀にほとんど出る機会がないくらい

みんな元気です。自慢の家族です。

神様がもしいるとしたら、本当に感謝しています。ありがとう

e0023512_12143287.jpg


バングラデシュは生きていくことに必死。

中心部はせわしない。

ゴミも多いし、人も多いし、スモッグだらけで透き通った青空なんて見えません。

だけど、そんな中 元気にさせてくれるものがこれ。

リキシャアートです。

人が描き、人に力を与えてくれる。

身近なところでも”絵”の力はきっとどこにだって存在しているんだろうな。

これからもずっとそうあってほしいものです。
[PR]

by boojil | 2011-03-23 12:17 | 日記

ただいま~ すんごいわ!バングラデシュ   

2011年 03月 21日

e0023512_2130654.jpg

みなさま、こんばんは。

無事本日バングラデシュより帰国しました。


写真は早朝6時のホテルの前の大通り。

今回は仕事だったので、15日から21日までの5泊7日の滞在。

お仕事のお披露目はまだちょっと先になりますが、楽しみにしていてください。

今回は首都ダッカ、そして市内から2時間弱はなれた農村部を訪ねました。

バングラデシュの首都、ダッカを歩いてみると

人のいない通りというものは全く見当たりません。

嫌になるくらいの人の数、そして道路を埋め尽くすほどの交通量。

それでもここに集まる人は、エネルギッシュで必死になって生きている。


e0023512_2139235.jpg


日本では自殺が珍しくないとされているけれど、
バングラデシュには自殺をする人はほとんどいないのだそう。

国民のほとんどがイスラム教徒。 

人は何かにすがることで、強くなれるのかもしれない。

首都なのに、ほとんど信号がないためクラクションが鳴り止まない。

人、リキシャ、車が混在する大通り。そりゃ事故も多いはずだ。

わたしも移動中に後ろからあてられた。とくに怪我はなかったけれど。

町を車で移動している最中、路上で生活をしている小さな子供たちが

『1タカ(1.3円)でもいいからちょうだい。とてもお腹が空いているの。』
次から次へと窓をたたいてくる。


毎度のことながら、胸を引き裂かれる思いで彼らに出会う。

足に障害を持った老人も車椅子にのっているわけではなく、

一枚の板に車輪をつけ、その上に座り移動する。

ビュンビュン車が通っている道路を。彼一人で。

市場にはパンパンに頭のはれ上がった、水頭症の少女が親に連れられ、お金をせがむ。

道路には事故にあった遺体がそのまんま転がっている。

e0023512_21425072.jpg


排気ガスに汚染されたトラックの集まる郊外で、布と竹だけで囲いをつくり

泥だらけの生活をしている人も山のようにいる。

もちろん家のない子供も恐ろしい数いる。

ここではいくら努力しても、なかなか這い上がれない。

掃除婦は一生掃除婦。

リキシャの運転手は一生運転手のまま。

一日一生懸命働いて、月収はたったの30ドル以下。

業種によるけれど、彼らは一日1ドル未満で働いている。

日本では一度呑みにいけば、無くなってしまう3000円が、

彼らの家族までをも救ってしまう金額に相当する。
  


新聞を売る少年、花を売る少女 路上で髪を切るオヤジ

毎度のこと思う、わたしはここまで苦労せずにやってきてしまった。

今回の地震でも怪我もなく元気でいられた。

それがどんなにありがたいことか。

家族がいること、飢えを知らないこと、大好きな絵を描いていられること

そんな日常の当たり前だったことが、今はとっても特別に感じる。

こうやってまた日本に帰ってくることが出来て、

家族や友達の声を聞くことが出来て 心のそこから感謝している。

なんてありがたいこと。

こうした気持ちを、彼らと出会う度に思い出す。

19歳の頃、初めてカンボジアを訪れ 目をパンパンに腫らして泣いたこと

この現状を目の当たりにして なんにもできない自分が悔しかった

そうだ、あの頃からずっとわたしは何も変わっていない。

きっと成功して、色んな人の役に立てるようになりたい。

バングラデシュでまた大きな目標ができた。

だから、わたしはまだまだ頑張るし この環境をいかして続けて生きたいと思う。

感謝すること忘れないように。
[PR]

by boojil | 2011-03-21 21:30 | 日記

バングラデシュにいってきます。   

2011年 03月 07日

3月にはいって、この前やっと春一番が吹いたかと思いきや

今日は昼まで雪が降っていました。 ひぃ! 灯油ストーブはまだしまえないね。

ちょっと前まで、これから小学館より発売される 

『falo(ファーロ)第3号』の連載ページを仕上げていました。


次号は韓国についてかかせてもらっています。

連載ページでは、旅に関するエッセイと、マンガを描かせてもらっているのだけれど

わたしにとって旅は、自分を磨くことのできる 特別な時間だと思っている。

e0023512_12191515.jpg


今月に入って急遽決まったのだけれど、

わたしは来週15日から21日までバングラデシュに行くことになりました。


今回は仕事で。そして初めて訪れるバングラデシュはどんな国なんだろうか?

やはり訪問する前に、少なからず勉強していくことがきっと大切。

みなさんは、バングラデシュがどこにあるか分かりますか?

e0023512_12323637.jpg


ウィキペディアより…

バングラデシュは、南アジアにあるイスラム教徒主体の国である。首都はダッカ。

インドの東側に位置し、インド洋に面する。ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。

南東部のごく一部をミャンマーと接するほかは、インドと国境を接している。

隣接するインドの西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。

世界で7番目に人口が多い国であり、都市国家を除くと世界でもっとも人口密度が高い。

現在では貧困国の一つに数えられる。

バングラデシュは内外問わずに援助を受けているにもかかわらず、
過剰な人口や政治汚職などによって未だに貧困を脱しきることが出来ないでいるのが現状。

実際いくことで、沢山感じてきます。

そして、お仕事の報告も春先にはみんなにお知らせできるはずです。

レポートをお楽しみに!

e0023512_12362639.jpg

ネットでみつけた ノクシカタの伝統刺繍のタペストリー

ん~すばらしい完成度!わたしももっとがんばらなくっちゃ。

そうそう、みなさま 

関西でも『おかっぱちゃん旅に出る』の劇場公開が決まりましたよ~

春までどうぞ楽しみにしていてください。

舞台挨拶&イベントもあります!


[PR]

by boojil | 2011-03-07 12:12 | 日記

兵庫県でワークショップ&映画上映  丹波笹山にいってきます。    

2011年 03月 05日

e0023512_1384022.jpg


兵庫県丹波笹山は自然に囲まれた里山です。

来週末はわたくし、子供たちにむけてワークショップの講師をしにいきます。

e0023512_1392935.jpg

□スケジュール
3/12(土)

□場所
旧後川小学校


□内容
似てない似顔絵ワークショップ / おかっぱちゃん旅に出る映画上映

講師:Boojil(イラストレーター)


e0023512_135173.jpg

3月2日はおおはた雄一くんのライブにあわせて、ライブペイントをしました。

もともとおおはたくんの音楽が大好きで、彼のライブを聞きながら

大きな絵を描かせてもらえるなんて、こんな贅沢はありません。

とっても心地がよかったなぁ~

作品のもらいては、おおはた君も所属するトロピカルの豊岡さんでした。

事務所に飾ってくれるとのこと。うれしいな~

おおはたくんも左上にいるでしょ。うふふふふ

e0023512_1324997.jpg


5,6月はおおはた雄一君と一緒にプチツアーです。

埼玉は川口にあるsenkiyaさんで 5月28日にイベント

茨城つくば千年一日珈琲焙煎所で 6月11日にイベント


予約は4月頭から開始するので、是非スケジュール空けておいてください~。

一緒に作品作りをするのです。おおはたくんは曲をつくって、わたしは絵を描く。

音楽とアートをかけあわせると、もっと大きなものが生まれる。

そう信じています。だから、この企画ができて本当に嬉しく思う。

今年は、いろいろと忙しい。

でもやりがいのある仕事や制作ばかりで

活動を始めて8年目。

自分の中で、自信につながるなんらかの結果を出していけたら幸せだな。

今年のうちに、これからどうしていきたいのかを もっと明確にしていきます。
[PR]

by boojil | 2011-03-05 13:16 | 日記

最近の仕事のこと 未来のわたし そして、 明日はおおはた雄一くんと共演します。   

2011年 03月 01日

e0023512_13324015.jpg

こんにちは。僕ウキレレです。 うきうきするよね。春ってさ~

でも春になったと思ったら、今日はまた寒くなってしまって

自然界も毎日おちつかないなくって大変だなぁと思っています。

みなさま、ご無沙汰です。Boojilです。ウクレレ、いいでしょ。

最近キャラクター開発に一生懸命ですの。

最近こんなことを思ったよ。

突然の変化には、なかなか人間慣れるまで 時間がかかるものです。

早く暖かくならないかな~

さて、2011年もあっという間に3月です。

学生のみんなは卒業シーズンですね。あたしが高校生の頃の卒業式は泣いたな~

それからもう9年ですよ!9年!! 本当に早いなぁ

わたしも今年27歳です。く~もう若いとは言ってられないよね!

今朝、友人と電話をしていたら 

『もうおかっぱちゃんじゃなくて、おかっぱさんだね。』

言われました。大ショック!


いいんだもん。

今月末はカンボジアと、ベトナムにAEONとユニセフが共同で作った小学校に

ワークショップのお仕事で出かけます。

現地の子供たちにもおかっぱちゃんと呼んでもらえるようにしよ~。あはは

最近のわたしは、

マンガ、仕事、打ち合わせ、英語、友達のループで月曜日から日曜日が移動していきます。

明日は下北のとあるイベントスペースのオープニングで
おおはた雄一くんの演奏と一緒にライブペイントをします。

畠山みゆきさんのライブもあるみたい。わくわくしちゃうねぇ

告知解禁なのかわからんもんで、直前にツイッターとかで報告するかも!

下北付近にお住まいの方は是非来てね。

何を描こうかな~
[PR]

by boojil | 2011-03-01 14:21 | 日記

キチムのこと。そして今夜おかっぱーずギターがO-nestでライブするよ!   

2011年 02月 22日

e0023512_1325367.jpg


先日の韓国空中キャンプ @吉祥寺キチムでのライブ 

それはもうすんばらしくてナイスチョイスでした。


大好きなフィッシュマンズ!何度も何度も救われた音楽です。

ドラムの茂木さん、かっこよかったなぁ。。ほれぼれ。。

挨拶させてもらったときに、Boojilカレンダーをお渡しできて感激いたしました。

なんと!まぁ こんなことってあるのですね。

キチムのみなさまに感謝です。

e0023512_1371414.jpg


お世話になっている音楽業界の方がちょっと前にこんなことを言っていた。

『キチムが出来たことで、

東京にあるどんなカフェやギャラリーやイベントスペースも

あそこに勝る場所はもう出来ないかもしれないね。』


まだオープンして一年とたっていないのに、キチムはもうすでに沢山の人から認知され

OZマガジンの表紙を飾ったカフェは、キチムにある愛さんのお店、ロカリテである。

e0023512_1381086.jpg


郁子ちゃんやハナレグミたかし君の歌うフィッシュマンズの曲も

すっごくすっごく大好きで 

ナイトクルージング、いかれたBABY などなど 

もう豪華すぎて一瞬違う世界に飛んでしまいました。

e0023512_139345.jpg


2009年に韓国にある空中キャンプでショピンと共に

イベントをさせてもらったときのことを鮮明に思い出しました。


音楽って本当にすごいんだねぇ。ずいぶん昔の記憶もパッと目の前に現れるのだから。

いつまでも音楽に恋焦がれていたいな。

e0023512_1384868.jpg


そして~今夜は~!!!!!!!!!! 

渋谷O-nestでわたしたちライブなのよ。

e0023512_13102849.jpg


まっています!あなたのこと~!

おかっぱーずギター出演決定!! 2011年はじめてのライブです。

オロロトリヒロ”指先の魔法”レコ発!! 「にわとりだってうたう」

2/22(火)@渋谷O-nest

詳細:  http://www.ororotorihiro.com/archives/270/

【Live】
・オロロトリヒロ☆すてきロックバンド
special guest
川村亘平(TAIKUH JIKANG / OLAibi / ALAYA VIJANA)
内田綾子(coin bird,dodo)
・テングインベーダーズ
・小田晃生とヨフカシボーイズ
・おかっぱーずギター

【DJ】
藤瀬俊(ライター/Hi-Fi Record Store勤務)

【infomation】
open:18:30/start:19:00
ADV:¥2,500/DOOR:¥2,800

ご予約は渋谷O-nestと店頭またはinfo@ororotorihiro.comまで
[PR]

by boojil | 2011-02-22 13:10 | 日記

フィッシュマンズと韓国のこと   

2011年 02月 20日

今日は韓国にあるLIVEスペース、

空中キャンプのイベントが
吉祥寺キチムであるので、
遊びにいってきます。

いまからたのしみー!
感想はまた後日。

引き続き、昨日のワークショップの写真です。

子供達最高にかわいいんだから!
どの子もだーいすき

e0023512_14295314.jpg

e0023512_14295486.jpg

e0023512_14295495.jpg

e0023512_14295413.jpg

e0023512_14295441.jpg




Boojil
http://boojil.ojaru.jp/
[PR]

by boojil | 2011-02-20 14:29 | 日記

カンボジアのこと   

2011年 02月 17日

e0023512_21113652.jpg


昨日はとっても素敵なお仕事のお話をもらって

あまりにも興奮してしまったので、鳥肌がたつほどだった。


いい結果が出ることを待つしかないのだけれど。どうしてもやりたい!

由紀さおりさんのCDのジャケットの仕事をもらったときも

終始ドキドキしてしまって、家に帰っても寝付けないわたしがいた。

e0023512_2112965.jpg


今になって思い出すと

19歳の頃 初めてカンボジアにいったときに

『絵を描くことでコミュニケーションが取れる』ことに気づいたんだった。

あれから もう8年が経とうとしているけれど

わたしが信じていることは全く持って変わっていない。

赤土に木の棒切れで子供たちを絵を描いて遊んだ

その時のことが、どんなに嬉しかったか。

あの時、わたしは服飾学校に通っていて 

周りからファッションのことばかりを問われ 服が嫌いになっていたところだった

カンボジアにって、思ったことは

ブランドものを買ったり、服をたくさん買い換えることができるのは

わたしが日本に生まれ育ったからだったんだ。

カンボジアの子供たちは、服がボロボロでもピカピカの笑顔だったなぁ。

そんなことを昨夜思い出していました。

e0023512_21201717.jpg


そんなわたしは 少し前に秩父の温泉にいった。

雪見風呂は心を清め、癒してくれた。

家に帰る頃、雪が解けて、晴れ間が見えた頃、

わたしのことも太陽はちゃーんと見落とさないで照らしてくれた。

今日は春の匂いがして、満開だった梅の木ともまた会うのは一年越しになる。

自転車に乗って、家路を走っていたら 

自分の中のちいさな悩みが みるみるうちに消えていった。

外の空気を沢山吸えば、内側から出る悪いものも流れていく。

だんだん強くなっていく 経験と共に 人は強くなる

わたしもまだまだ半人前 20代のうちが勝負時
[PR]

by boojil | 2011-02-17 21:20 | 日記