「ほっ」と。キャンペーン
Woman.excite

カテゴリ:日記( 373 )   

?みんなの“がっかり”大公開 とamazonで難あり男子が売り切れた話   

2011年 09月 06日

今日ヤフーニュース見てたら、こんな記事が。

http://netallica.yahoo.co.jp/news/210036

”期待は裏切られるもの?
みんなの“がっかり”大公開”


初めてのデートでのがっかりなどを特集していたのだけど、

わたしの初めてのデートでもらった

”流木” に比べたら


みんなたいしたことないわ!アホ

e0023512_143297.jpg

みなさん、こんにちは。書店を走り回っているBoojilです。

だって仕入れてくれた書店さんにはご挨拶に伺わないと!

がんばって、ポップもいくつか作りました。

そして、今日はすっごくすっごく嬉しいお知らせです。

なんと発売して10日、amazonで在庫切れとなりました! 

http://www.amazon.co.jp/dp/483425173X
 

わ~!これもみなさんのおかげです。 

入荷まで今しばらくお待ちくださいませ

ここで、みなさまにお礼の美化された さんたをお届けいたします。

e0023512_1441095.jpg


さて、そんな中

ちょっぴり仕事が落ち着いて、昨日は久しぶりの半日休暇!!

埼玉は東川口にある、大好きなsenkiyaさんへ行ってまいりました。

e0023512_1419622.jpg


久しぶりに自宅から自転車でぐんぐん進み、店内に入った頃に

雨が降り出して、どしゃぶりに。

愛情がたっぷりはいった、おいしいおいしいカフェオレを飲んでいると

店主の高橋さんが 

『いや~難あり男子、本当におもしろかったよ

最後の”さんた、両親に会う”が最高だったなぁ』と、誉めてくれました。

そこで、また嬉しい一言

『senkiyaでも販売できないかな?』

きゃ~!なんて嬉しいお誘い。もちろんです!!

と、いうことで近々senkiyaさんでもサイン本を置かせていただく予定です

また、国内でお店(カフェでも書店でもかまいません)をされている方で

『難あり男子』を販売してくださる、難なし店主のみなさま

よろしければご連絡ください。 


info_boojil@yahoo.co.jp まで
[PR]

by boojil | 2011-09-06 14:47 | 日記

福島へボランティアにいって思ったこと   

2011年 08月 24日

明後日、26日はいよいよコミックエッセイの発売日です。

急遽15時から個展会場にいることにしました。
 


是非あそびにいらしてください。

さてさて・・・そんなわたしですが、

e0023512_2213544.jpg


23日から1泊2日で福島へいってまいりました。

今回はいつもわたしの髪型をきれいなおかっぱにしてくれる美容師の友達

播本くんの企画で、福島県は棚倉町へワークショップをしてきたのです。

避難所となっている”ルネサンス棚倉

ここで震災後、暮らしていた避難者のみなさんは

今月いっぱいで県の決定もあり、ここから強制退去となってしまうそうです。

わたしが仲良くなったご家族は、原子力発電所から10km圏内。

どうやっても、そこで暮らすことはもう二度とできないそうです。

e0023512_2285542.jpg


津波の影響だけではない、この現状をわたしたちはどうやって受け止めればいいのか

目には見えない放射能。

原子力発電所から80km離れた棚倉町では、

外を歩く人もマスクや長袖を着ていませんでした。

人体への影響がどの時期にどの程度出てくるものなのか

いろんな情報を得たところで想像などできないし、したくないもの。

私自身も困惑したまま、

帰り道 太刀打ちできない、この現状に心がモヤモヤしていました。

e0023512_22205786.jpg


仲良くなった、子供たち。

純粋無垢で、未来に向かって 明るい笑顔を振りまく

本当にかわいらしくて天使のようです。

e0023512_227323.jpg


写真は、ひゅうがくん(10歳)が描いてくれたみんなの似顔絵

わたしの顔はそばかすいっぱいでした。。。よく見ているね!

子供の絵はいいな~何も気にすることなく

描きたいものを描いて 誰かを喜ばせることが出来る。

でも、それって実はみんなができること。

e0023512_22291663.jpg


お絵かきってそんなに特別なものではなくて

みんなが描けるもの。どんなにへたくそだって、誰かはきっと喜んでくれるものです。

わたしのワークショップは、コミニュケーションを取るためもの

そして、楽しい時間をそこにいるみんなと共有することができる。

e0023512_22292719.jpg


ほらね、おもしろい顔になったでしょ!うーん良い味出ています。

わたしは絵を仕事にすることが出来ているけれど

この環境が当たり前ではなくて、いろんな巡り合わせや周りをとりまく全てのものに

感謝しなくてはならない。

今回のボランティアで、またひとつ勉強になった。

忘れちゃいけないことがたくさんある

e0023512_22311647.jpg


最後にわたしが描いた みなさんの似顔絵の一部をご紹介します。

またみんなに会えますように!

e0023512_22314740.jpg


e0023512_22315585.jpg


e0023512_22325374.jpg


e0023512_2233483.jpg

[PR]

by boojil | 2011-08-24 22:19 | 日記

なぜ、絵を描くのだろう   

2011年 08月 10日

e0023512_16521348.jpg


絵を描き始めて、26年。

仕事にしようと決めて、早8年。

個展を前に”なぜ、絵を描くのか” という疑問を抱いたので答えを書いてみようと思う。


思えばわたしは小さな頃からずーっとずーーーーーーーーーっと

絵ばかり描いてきた。

e0023512_16594389.jpg


猛烈に絵を描くことが好きで、

幼稚園の頃は描いたものを自慢げに友達に見せていたり

出来上がったものを家族に見せては大喜びしていた。

喜びすぎて、持っていたタオルをぶんぶんぶんぶん 回しながら

おしりをふりふりさせて

しまいには『おならぶ~ぶ~ぶ~』 と出てもいないおならの音を再現しながら

踊っていた幼少期。

わたくしなんにも昔と変わっておりません!!!!!!!!!!!!

e0023512_1705183.jpg


多分、こうして絵を描くのは 心の安定でもあったのだろう

絵を描いていると、無心になる。

そして時にテンションが高く高くあがって ひとりでいてもとっても楽しくなってしまう。

仕事にしてからは昔のように毎日絵が描けなくなった。

お金が発生することで、”自由”にものが作れなくなってしまったのかもしれない

この問題に、ここ数年悩んでいる。

もっと自由な時間が持てたら、好きな絵も描けるのではないか?

仕事にしばられなかったら、もっと勉強できるのではないか?

こういう風に絵のことに重点をおいて、将来設計をしている自分は

やっぱり絵が好きなんだろう。

体の一部になってしまった以上、わたしはもうおばあちゃんになってもずっと

絵をかいて、誰かと一緒に楽しい時間をつくりたい。

e0023512_17102811.jpg


絵を描いていなかったら、Boojilも生まれていないし、

この文章を読んでいるあなたにも出会うことはなかっただろうから

”Boojil(ブージル)”という名前をあの日に思いついてから

わたしの人生は180度変わっていったんだなぁ。と思うと

これからも角度を変えて、もっとおもしろいことをしていきたい。


絵は誰にでもかけるもの

そして、いくらへたくそでも誰かを喜ばせることが出来る

だから、好きなんだなぁ。

ひとりひとりがこの世に残るものを残せていけたらいいなぁと思う。
[PR]

by boojil | 2011-08-10 17:10 | 日記

今夜はカラオケ大会らしい   

2011年 08月 05日

e0023512_13345378.jpg

みなさん、こんにちは。

今日我が家に個展やイベントで販売予定の新作Tシャツ数種類が届きました。

購入先はこちらからどうぞ


http://boojil.ocnk.net/

どれもなかなか良い出来です~!

最近こちらの天気はおかしいですね!

昨日や今日はアジアでよく見るスコールが頻繁にあって

まるで雨季!かと思っちゃうくらい。地球に変化のある2011年。

来年はどうなってしまうのやら?

e0023512_12401126.jpg


写真は、ガンジス川を前にヨガっちゃった日の朝 (YOGAね)

話は戻って、不安がよぎる2012年

わたくしいよいよ海外へ長期のたびに出ます。

出発場所は決まっていないのだけど、

中南米、南米は全部周りたい。

e0023512_12474885.jpg


写真はインドの楽器屋の兄ちゃんに頼まれ書いた ウソでかためられたポスター

明日はわたくし27歳の誕生日  8月6日に産まれました。

素直に、めでたいことです。

最近は一日一日を笑って過ごすことを心がけているので

健康な体で、また一年過ごすことが出来てよかった。

これからどうしていこうか、27歳になったら自分がなにをしたいのか

ひとまず明日になったすぐの目標・夢は。。。

27歳になる時間はきっと友達いっぱいに囲まれて カラオケが出来ますように!



それから一年分の目標は、いろいろまとめる必要があるなぁ

来年の旅はきっとある程度の勇気がいるし

20代最後のがっつり旅にするつもり。

せっかく生きているんだもの

まだまだ知らないものを この目で見てみたいだけ
[PR]

by boojil | 2011-08-05 14:05 | 日記

好きなことを続ける難しさ   

2011年 07月 25日

e0023512_17265567.jpg

来月の6日で あっという間にもうひとつ歳をとる。

27歳になるんだな。

誕生日はわたしにとって、人生を見つめなおす特別な日。

振り返ったり、これからのことを考えて 不安も出てくることもあるけれど

未来はきっと明るいと思う。

先日銀座伊東屋での個展を終え、今日家に帰ってきて 畳の上に寝転ぶと

活動を始めて間もない頃のわたしが目の前に現われた。

e0023512_17273760.jpg


好きなことを仕事にしたいと 絵をかきためては 両親や友人に見せる日々

絵を通してあんなことがあった こんなことがあったと 親友に話してみても

わたしは社会からはずれた女


一人前に食っていけるまで どれくらいかかるかなんて想像もつかなかった。

ひとりの力で、”暮らし”が成り立つまで

一向に誰も認めてなんかくれなかった。

『そろそろ将来ちゃんと考えた方がいいんじゃない? 悪いこといわないから』

『絵なんか仕事になるか!? 学費を払ったこっちの身にもなってみろ』

『芽が出なかったら、あきらめなさい。会社員になれば、安定するんだから』



がむしゃらに走りぬいたつもりだ あれから8年間一回も休んだつもりはない

なーーーーーーーーーんて悲しいことだ わたしは

本当のところ くやしくってくやしくって仕方がなかった

いつか見返してやろうと 思っていたんだろう




偉そうな人は嫌いだ 大嫌いだ

だからわたしにとって上も下もない この世に生まれたい以上

その人の人生じゃないか


こんな想いを胸に抱いて、ずっとずっと夢は叶うものだと 

感謝の気持ちを忘れずに 続けてきました。



だけど、この先どうなるかなんて 誰にもわからないし

わたしだってどうなるかなんて分からない

好きなことを続けるのは難しい

難しいからこそ やりがいがあるもんだ

だからこそ、これからも頑張るんだ わたしは



8月の個展は活動以来 最大の展示にしたいと思います。

27歳のBoojilを見に来てください!

[PR]

by boojil | 2011-07-25 17:30 | 日記

個展 銀座伊東屋 無事終了しました。   

2011年 07月 24日

e0023512_20141095.jpg


銀座伊東屋さんでの個展、無事終了いたしました。

一週間で計40点ほどお名前オーダーメイドを御注文いだきました。ご来場くだ
さった皆様、本当にありがとうございましたー!


中には、震災の関係で引越しをしなくてはならず、故郷を離れてしまう仲間に、
「希望」という文字をオーダーしてくださる方もいました。


完成した作品を本当に喜んでくださり、この仕事をしてきてよかった!と、改め
て思うことができました。

e0023512_20141039.jpg

誰かを元気づけること、喜んでもらえることができて本当に幸せです。

これからも、この仕事を続けていきたいです!

次回は8月19日〜9月11日まで、三軒茶屋キャロットタワーにて、個展「たびたび
ひとり旅」を開催します。

ワークショップや、映画の上映会、そしてマンガの発売を記念したトーク
ショー、サイン会なども期間中にご用意してます。

今週中に詳細をUPします。

お楽しみに〜!

e0023512_20141056.jpg

e0023512_20141069.jpg

e0023512_20141033.jpg




Boojil
http://boojil.ojaru.jp/
[PR]

by boojil | 2011-07-24 20:14 | 日記

夜はミカタ クーラーと高尾山、そして青谷明日香ちゃんの話   

2011年 07月 11日

e0023512_1126132.jpg
ようやく梅雨が明けました。

みなさんは、クーラー使っていますか?


実はわたくし、”節電”という言葉が飛び交う前

昨年は日中からクーラーにも

扇風機にもまったくお世話にならない暮らしをしていました。

なぜかというと、慣れてくると以外にも大丈夫だったりするからです。

体も丈夫になります。

熱中症は怖いから、水は大量に飲むけれど 良い汗をかくことが出来ます。

暑いことになれると、冷房のかかっている店が以上に寒いと感じてきます。

節電にもなっていいですよ~と、去年から慣れておいてよかったと最近思います。

是非やってみてね。 人間なんでも慣れれば強くなる生き物です。

e0023512_11253083.jpg


さて、この前の週末は一日遊びつくす日と決めて、早朝から外へ出た。

家から一時間以上かけて、高尾山へ。


ゆっくりゆっくり登って、ゆっくりゆっくりビールを飲んで

まだ紫陽花 咲き乱れる 森の中を じっくり味わった

山頂から見下ろす景色 高尾の先にはビル群

きっと昔は緑の道がずっと続いていたであろう この景色

こういう場所にくると いつも遊んでいる街の景色に寂しさを覚え

自分はどこまでも ないものねだりな人だと思う。

わたしがいつか住む場所は どこになるだろう

お風呂にも入りたい気分だったけれど そのまま大好きな店を目指した。

e0023512_11194823.jpg


西八王子で降りて、ネパールカレーの店、奈央屋へ。

http://www.k4.dion.ne.jp/~naonet/

500円でおなかいっぱいの幸せ

チキンカレーはいつ食べても スペシャルな味がする。

店主なおさんの楽しい話は 二倍にも、三倍にももっとカレーをおいしくする。

これが店の持つ 本当の魅力

だからきっといつまでも通いたいお店なんだろうなぁ。

e0023512_11251231.jpg


夕暮れ、お空がオレンジに染まった頃 夏の雲がポツポツと流れ

ようやっと 今夜の目的地についた

引っ越してきてよかったなぁ と思わせてくれた場所 senkiyaへ

ツキモバザールのもっちゃんがイベントを企画して

大好きな青谷明日香ちゃんが歌をうたってくれた

http://aoyaasuka.jugem.jp/

力強く、懐かしく、日本語が愛しく思える そんな歌



明日香ちゃんのNEWアルバム 『夜はミカタ』を買わせてもらったのだけど

本当に本当に素敵な曲ばかり。

是非みなさんも発売日の8月15日をお楽しみに!

先行発売もしているそうで、ライブ会場では購入できるそうです。

フジロックにも出演が決まっている、青谷明日香ちゃん

おめでとう~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!

充実した一日のおかげで、今週もりもり個展の準備に集中できそうです!

それではまた
[PR]

by boojil | 2011-07-11 11:46 | 日記

この夏注目の”乞食ガールズ個展”が開催されるよ!   

2011年 07月 06日

みなさん、こんばんは。

今日はおもしろいお知らせを~!

わたしが影ながら応援しているアーティスト

乞食ガールズのふたりが初めて個展を開催します

http://kojiki.omegumi.com/


e0023512_20531938.jpg


乞食ガールズ個展

開催期間: 7月27日(水)~8月22日(月)
 


会場:代田橋 CHUBBY

東京都世田谷区大原2-27-9

http://www.chubby.bz/

クロージングパーティー:8月20日(土)

詳細はホームページにて後日UP予定

ちなみにわたしはもちろんのこと、おもしろい友達がいーーーっぱい来る予定。

ほらほらみなさまも、恐れていないでいらっしゃいませね!



乞食ガールズもやっとツイッターに参加したそうです。

http://twitter.com/#!/kojikigirls

なんだか今回の展示、わたしを始め色んな人が注目しているので

今から楽しみで仕方ありません。

それにしたって新作バンバン撮影しているっていうから、見に行くしかないのであります。

わたしもまだ見ていない作品がいっぱいあるはず・・・

全てセルフタイマーで撮影しているんだから、驚きです。

e0023512_2131895.jpg


個人的にこれこそアートだと思う!

やっていることが本当にくだらなかったりするんだけど、

それを見て笑ってしまうひと、この世にどれくらいいるかしら

頑張れ!乞食ガールズ!!!!!!!!!!!!!!!

e0023512_216527.jpg

[PR]

by boojil | 2011-07-06 21:08 | 日記

初めてボランティアしてきて思ったこと    

2011年 07月 03日

e0023512_1602962.jpg

今日の午後、宮城から無事帰ってきた。

今回は宮城県の中でも石巻、奥松島、東松島へいってきました。


もうすでに何度もボランティアに足を運んでいる、

アーティストトーチカのふたりのおかげで現地へ向かうことが出来ました。



忘れないうちに記すことがわたしができることのひとつだと思うので

こうして自分の言葉で書かせてもらいます。

e0023512_161256.jpg


まず、ボランティアから帰ってきて、行く前と変化があったのは

私自身の心が元気になったということ。

誰かのために、何かしたい。

そういった気持ちはもちろんありましたが、何よりわたしが元気になっていた。


今回は倒壊した家屋への石灰まき(除菌になるそうです)

そして、ヘドロ掃除、花を植えるための草むしり

物資配給の手伝い をしてきたのだけれど

炎天下の中の作業は肉体的に相当疲れてしまったけれど、心は晴れやかでした。 

ボランティアには損も得もないから、

その時間、人はまっさらな状態になることができる。



ボランティアにきた各地から集まった人に

津波の影響で家を失い、現在避難所で暮らす住民のおじさん、おばさんに

沢山優しくしてもらって、そして喜んでもらえたことが素直に何よりもありがたかった。

e0023512_16163613.jpg


被災地では、わたしの職業や経歴、年齢なんてものは関係ない。

今の環境や立場を忘れ、ひさしぶりにひとりの人間に戻れました。

普段すれ違っているであろう、自分と接点のない職業の人も

年齢がふたまわりも離れている年配の人も みーーーーーーーーーんな

当たり前のように会話が成り立つのだから、おもしろい。

支えたいと思ってきているのだから、優しい人がきっと多いのでしょう。

心洗われました。



現地での経験は、ひとりで初めて訪れる場所を旅した時の感覚と似ていて

写真で見ても伝わらない。




自分の目で、肌で感じないと状況はいつまでたっても分からないということ。

五感で感じることが、何にも変えがたい経験。

もし時間に余裕があるならば、まずはいくだけでもいいと思うので

是非、現地の様子を見にいってみてください。


わたしがお世話になった、東松島ボランティアセンターはこちら


e0023512_16301412.jpg


わたしにとっては初めてカンボジアを旅した時のことを思い出しました。

もう8年も前になるけれど、国境付近は埃まみれで、異様な臭いがたちこめていた。

ストリートで暮らす、やせ細った大量の物乞いの子供たちを前に胸が締め付けられました。

宿に帰って、何も出来なかった自分を責めたくさん泣いたことを覚えています。





今回最初に訪れた石巻。

港付近は、鼻が曲がるほどの腐った魚の臭い、大量のハエ、ガレキの山。

そして車で20分程度走ると、

真っ黒に焼けて沢山の死者が出た小学校、崩れ落ちた家

ここに町があったことなんて、誰も想像できないような光景が

自衛隊やボランティア、支援が入ったとはいえ、各所で見られます。

*写真は震災直後


『がんばろう!石巻』 『かならず復興するぞ!』 

大きく描かれた看板の言葉と、目の前に広がる辛すぎる現状に鳥肌がたち涙が出ました。



なんとかして復興してほしいと思う。

わたしの地元では見ることの出来ない、豊かな自然に恵まれている東北地方。

人も温かく、親切な方ばかりでした。


e0023512_1661326.jpg


2日目は奥松島の漁村へ。

奥松島で出会った、被災者の漁師のおじさんは(50代~70代)

私たちにこんなことを伝えてくれた。
 
『阪神大震災が起こったとき、わたしはなんの支援もできなかった。

関心がきっとなかったんだと思う。だけど、こうして自分が被災者になったときに

全国各地から本当に色んな人が時間とお金を使って支援にきてくれる。

今はあの時のことを後悔しているよ。本当に感謝しています。

だから、こうして来てくれるだけでも本当にうれしい』



おじさんは海が目の前に広がる場所に4年前新築で家を建てたばかりだった。

全壊した家を眺めながら、この話をしてくれました。

そんな状況の中、笑いかけてくれるおじさんをたくましく思いました。


『必ず復興するから、その時はきっとわたしたちの町へゲストとして帰ってきてください。』

復興には絶対に何年もかかる。10年単位かもしれない。



人は良くも悪くも、自分の置かれた環境に慣れる生き物。

悲しかったことも、嬉しかったことも 過去の記憶になってしまいます。

平穏な時間が流れていた日本で、こんなことが起こるなんて

だからこそ、忘れたくないし 

わたしは日本が大好きだから、なんとかして継続的にサポートしていきたいです。
[PR]

by boojil | 2011-07-03 15:35 | 日記

銀座伊東屋で個展をしますよ~!藤原紀香さんへプレゼントの文字を描きました。   

2011年 06月 28日

e0023512_19555698.jpg

さて、個展のDMができました。

7月18-24日まで銀座伊東屋さんで個展があります。


半年振りの東京での個展です。

新作を含む、心温まる言葉を描きました。

一文字もあれば、詩もかいてみました。

販売価格も、3000円~と種類も豊富です。お楽しみに!

わたしにとって大切な言葉たちを

是非あなたのご自宅へ連れ帰ってほっこりしてもらえたら幸せ。。

題して『絵をよむ』  みなさま、是非お誘い合わせの上いらしてください!

会場でお名前のオーダーも受け付けております。

プレゼントやお祝いにどうぞ。

期間中の在廊予定は、後日ホームページに掲載します。

〒104-0061
東京都中央区銀座2-7-15

月曜日~土曜日
 10:00am~8:00pm
日・祝
 10:00am~7:00pm  *ただし最終日24日(日)は5:00pmで終了

e0023512_19472574.jpg


この絵、実は女優の藤原紀香さんのために描かせてもらいました。 

お仕事でお付き合いのあるスタイリストさんが、わたしの母校の後輩で

こうしてオーダーをくださったわけです。

ご縁とは不思議なものですね~ありがたやありがたや。

気に入ってもらえるといいなぁ!


e0023512_19233683.jpg

そんなわたしの近況報告します。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!


やっとマンガの本編17話分を書き終えました。


タイトルなどはまだひみつなんだけど、キャラクターとしてはやっぱり

おかっぱちゃんが出てくるわけです。

そのため、ここ半年間おかっぱちゃんを書きまくり、時には夢に

時には目の前に現われるおかっぱちゃん!それほど頑張ったであろう、わたし。

残すところ、あとはちょっとした修正や、カバーまわりの確認作業となりました。

うれしすぎる~!感涙
[PR]

by boojil | 2011-06-28 19:54 | 日記