「ほっ」と。キャンペーン
Woman.excite

カテゴリ:NYひとり旅( 10 )   

NY7日目_2 セントラルパーク と 素敵な友達   

2010年 02月 09日

2010年2月1日

e0023512_2112558.jpg


NYは不思議。ビルが立ち並ぶ中で鳥の声がする。
大勢のリス。花たち。木々がきらめく場所。

それがセントラルパーク。NYに住む人々の憩いの場。

都会に暮らす人も自然の力に頼らなくてはいけないのだろう。

わたしもセントラルパークを歩いていたら、自然と深呼吸をしていたり
思わず声に出して 『やっぱりこれだなぁ』 なんて自然に愛を感じた。

コンクリートは苦手。 

e0023512_2053167.jpg


去年奄美大島まで日食を見るために、旅をした夏の間

自然の力にはとてもじゃないけれど 勝てない こてんぱんにやられた

透き通る瑠璃色の海の中で ぽっかり体を浮かべているだけで 心が震えた

その感覚をここでは見つけることができていない

でも園内に入ったら懐かしくて 家に帰ってきたみたいに安心できた

e0023512_21151413.jpg


いまだに疑問として残っているが

① 愛する土地に身をおいて 心豊かに好きなように活動する

② 苦手な都会に身をおいて ナンバーワンを目指して努力する

NYで活動するならば、わたしは後者を選ぶことになる。


一度きりの人生 あなたならどちらを選ぶ?

e0023512_21163814.jpg


セントラルパークを出て わたしは先日仲良くなった日本人のチエちゃんに会いに行く

彼女はひとりでやってきたわたしにすごく親切で 

一緒にごはんにいこうと誘ってくれた

訪れた中で一番好きになった場所 

ブルックリンにあるベッドフォードアベニューへ


チエちゃんは映画監督になる夢を持って日本の高校を卒業後 NYにやってきた。

『日本にいるのが小さな頃からずっと嫌だったんだ。 ルールばかりだからね』

とちえちゃんは話す。 

ちえちゃんはポーランド料理専門店に連れて行ってくれた。

e0023512_21423040.jpg


似顔絵を描いてあげたら すごく喜んでくれて 

わたしたちはまるで昔から友達だったように打ち解けてしまった。

若くしてNYに来たちえちゃんは日本に不満を持っている。

わたしも同じことを思っていた。

”ルールを守ろう ルールを守ろう”果たしてそれは正解か?

自由がすべていいとは思えない 人を傷つけてはいけないしね

だけど自分の人生は自分で決めたら良い 

将来の夢に向かってまずは歩き始めることが できない

勇気がない そんな世の中になっている

不況不況不況 会社は倒産し 就職難 だったら

会社では学べない何かを探しに 出かけてみることも大切だと思う。

目的を持ったひとり旅は きっとその人を少しずつ磨いてくれるに違いない 

みんな誰かが決めたのかも分からないレールの上を みんな気づかずに歩いている

自分で何かを生み出せる人がこれから増えてくるだろう

日本の社会にわたしは期待ができないのだ

e0023512_21454564.jpg


セントラルパークでプチホームレスのおじちゃんに似顔絵を書いてもらった。

ホームレスだって 親がいなくたって お金がなくったって

何をしていても 絵を描くことが大好きな人は みんな同じ

おじさんもわたしも絵描き アーティストという自覚をもって 生きている

お金がないと生きてはいけないNY

どんなひとも必死に生きている 

生きるってなんだろう 生きていくことがこんなに難しい世の中は悲しいね

早くみんなが楽しく暮らせる世の中になりますように
[PR]

by boojil | 2010-02-09 20:51 | NYひとり旅

NY7日目 美術館MOMA と わたしの夢   

2010年 02月 05日

2010年2月1日を振り返る

e0023512_19191998.jpg

昨日は混雑していたこともあり、今日はMOMAへ。

MOMAとは MoMA | The Museum of Modern Art  のこと

わたしが遊びに行った期間は

ちょうど 大好きなティムバートンの展示も開催されていて
とてもとても楽しみにしていた場所だった。


残念なことに撮影禁止だったので、作品は撮れなかった
けれど記憶にとどめておこう

ティム・バートンの作品でとくに好きなのは シザーハンズ そしてビッグフィッシュ

いつ見てもひとり泣いてしまう。 良い涙を流したい人にはおすすめ。

e0023512_19275175.jpg


アンディ・ウォーフォールや、ピカソを始めとする巨匠たちの原画から
わたしが愛してやまないメキシコの画家 フリーダ・カーロの作品も飾られている。

e0023512_19193627.jpg


あまりにも展示数も多いし、人も多かったので疲れたけれど

ひとりベンチに座り 考えた NYに来た理由を ひとり考えてみた

絵を描いているわたしは 自分の作品が好きだ 

これから努力するともっとよくなると思う。

愛情を持って描かなければいいものは出来ないし、
誰かが喜んでくれたときはいつも心からうれしく思う。

アート市場が整っているNYは日本に比べたらアーティストには活動しやすい。 
数年前はわたしも冷たく見られたものだ。

e0023512_19284890.jpg


”絵なんか描いていたって、食っていけないんでしょう?
ふらふらして 会社にもはいらないなんて ダメなやつだなぁ”

こんな風に見られたこともあった。あの時はくやしかったな。

アメリカに来ると、胸を張って『わたしはアーティストです!』と言える。

きっと日本のように こうしなくてはいけない!みたいなルールがここにはないんだろう。

その分世界からアーティストが集まっているから、
ここで活躍するには相当な気合が必要だろうが、やりがいはきっとあると思う。

e0023512_19285748.jpg


わたしはなんのために絵を描いているんだろう?改めて考えてみた。

地位を確立させたいのか? 誰かが認めてくれたら作品の価値があがるなんて

けっこうおかしなことだと思う。

わたしは100人いたら100人好みが違っても良いと思っている。

生きていくために必要な資金は少なからず必要だけれど
何億円もする高額な値段で作品を買ってもらいたいわけではない。

わたしは死ぬまでずーっと絵を描いていたい。
 
だけれど、わたしだって人間だから いつかは死んでしまう 

そして残した作品が多くの人を笑顔にできたら それはわたしが生きてきた意味を持てる。

明日に死んでしまったって おかしくないこの世の中で

絵を描いて暮らしていこうと強く思った。

大都市は色のないグレー あんなに電気がビカビカとついているのに

わたしにはこの町がカラフルには見えなかった。


そんな大都市の壁や 駅の構内に わたしは自分の作品を残して

その前を通る多くの人へ 幸せを届けられたらうれしい
e0023512_19461410.jpg


セントラルパークで 森の中を歩いていたら 

自分の前に広がる道がすっきりとまっすぐ見えた。
[PR]

by boojil | 2010-02-05 23:53 | NYひとり旅

NY6日目 ユニオンスクエア すてきな本屋   

2010年 02月 05日

2010年1月31日

りょうがくんに連れて行ってもらったユニオンスクエアにある本屋
Barnes & Nobleで購入した本を紹介します。

e0023512_22304274.jpg


ここは大型の本屋さんで、小説からデザイン関係、絵本なんでも揃っています。

日本で言う紀伊国屋みたいな場所かしら。

Barnes & Noble

33 East 17th Street New York, NY 10003
212-253-0810


わたしはここで、4冊の本を購入

e0023512_22372131.jpg


JOHN ROMBOLAの画集 

あまりにも気に入ったので購入
300ページもあるし、フルカラーなのでこれで50ドルはお得。

カラフルで、自由で 無駄がない 
e0023512_22373436.jpg


もう一冊目はこれ 

Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa
著者:Hans Silvester

e0023512_22402757.jpg

これすさまじいです。写真集なんだけど、でこれ

写真家のハンス・シルヴェスターは、ローカルのスルマとMursi部族の
衝撃的なボディアートを捕らえるために遠く離れたオーモバレーに旅行し撮影に望んだ。

もうすごいとしか言いようがないです。作品に良い影響をくれる写真集。
e0023512_22452662.jpg


そして大好きなムーミンの漫画
MOOMIN The Complete Tove Jansson Comic Strip 4

そして、おさるのジョージの絵本 英語版です


e0023512_22491928.jpg


e0023512_22495188.jpg


英語の勉強をこれを読んでするんだー!がんばります。わたし。

本屋には情報がつまっている。インターネットも便利だけれど
やっぱり本はその場で選ぶのが好き。

新しい本の匂いも、古本屋のちょっとほこりっぽい匂いも好き。

本にはきっと人を集める大きなパワーがつまっている。

おもしろいもので、本屋を出たとたんどっしりと疲れてしまったわたしがいた。

きっと集中したんだろう。
[PR]

by boojil | 2010-02-05 22:24 | NYひとり旅

NY5.6日目 ちょっとだけ好きになった   

2010年 02月 01日

みんな元気ですか?わたしはやっとNYの地下鉄移動にもなれて、
やっと素直な気持ちでNYという街を感じられるようになりました。

人種が入り乱れるこの場所は、もっともっと長い期間いれば
きっと好きになれるような気がします。もつべきものはやっぱり友達!
どこにいてもひとりは寂しいものです。そして誰かによっかかりたかったんだね。きっと

さて、一昨日から簡単に振り返ってみようかな。

e0023512_23443345.jpg

2010年1月30日/31日NY滞在も、もうすぐ一週間。
今日は昨日仲良くなったアーティストのゆらちゃんと遊びにいくことに。

日本で言う下北沢と代官山が混じったような場所、ベッドフォードアベニューで
ゆらちゃんがバイトしているというので、遊びにいった。

彼女が働くお店は日本食も出す、本当においしいカフェで
ランチを食べさせてもらった。

ゆらちゃんにベッドフォードを案内してもらった。
小さなギャラリーがあったり、かわいい洋服屋さんがあったり。

自分へのお土産に古着と、いくつかポストカードを購入。
どれもかわいいし、おしゃれ。

わたしには大満足の素敵な場所を、初めて見つけた気がした。

夜はあやかちゃんやダーリンと一緒に中華料理を食べにいく。

ダーリンは改めてわたしの絵のオーダーをしてくれて
NYに来て良い友達と、好きな場所ができた気がした。

2010年1月31日

今日は日本の友達、ちはやちゃんに紹介してもらった
NYで活動するアーティストのりょうがくんにNYを案内してもらうことに。

MOMAにいったらすごい楽しみにしていたティムバートン展が大混雑!
せっかくなので、明日行くことにして

今日はスケジュールを変更。
りょうがくんにユニオンスクエアにある、大型古本屋を紹介してもらう。

大きな本屋にいって、絵本を探した。

結局100ドル分の本、画集と絵本を集めて購入。
せっかく来たんだから、たまにはこういう贅沢もいいよね!

あまりにも疲れちゃったものだから、夜8時には眠ってしまった。
[PR]

by boojil | 2010-02-01 23:56 | NYひとり旅

NY4日目 ワークショップ IN NY   

2010年 01月 31日

2010年1月29日
e0023512_005220.jpg

NYに行く前に友達を通して、いろんな人を紹介してもらった。
絵描き仲間の桐鱗ちゃんからは、NYに住む夫婦 ももさんとゆうじさんを紹介してもらう。

メールで何回かやり取りをしていると

ももさんが週末おうちでイベントを開くというので
ワークショップをやりませんか?と誘ってくれた。

こんなに嬉しい話はない!すんなり話が決まるなんてすごいなぁ。とももさんに感謝。

イベントは夜から。メンタル面も、体力的にも疲れていたわたしは
夜までぐっすり寝てしまった。 こっちの部屋はあったかいから、寝汗がすごい。
赤ちゃんか!わたしは。 

シャワーを浴びて、出発。

歩いて15分。今夜は本当に寒い。顔を切るような寒さとはこういうものか。

ももさんの家で開催されるイベントは”ROOM ROOM" というもの。
デザイン関係の仲間が集まるホームパーティーのようなもので
みんなすごくフレンドリーで、人見知りをまったくしない人が多い。

ワークショップ開始!各々楽しんでもらうことができた。
初めて出会う人も何人かいたので、仲良くなるきっかけになったみたい。

これでわたしのワークショップも1200人目に達せい!やったー

e0023512_23562649.jpg

e0023512_23582388.jpg

e0023512_23591722.jpg

e0023512_23595040.jpg

e0023512_002943.jpg


旦那さんのゆうじさんは放浪の旅をしている間に、NYでももさんに出会って
結婚し、子供のゆみちゃんを授かり今NYで暮らしているという。

旅は何があるかわからないものだな。と改めて感じた。

ゆうじさんもまた、”NYは場所じゃなくって、人が面白いんだと思うよ”と
わたしに良いアドバイスをくれた。

わたしはまだ魅力のある人と、
対等に話ができていないからまだ楽しめていなかったのかもしれない。

だけど、ここROOMROOMには、優しくって面白い人が集まっていて
NYで初めて本当に楽しかった!と言える日となった。

ももさん、貴重な機会をくれて本当にありがとう。
また是非会いたいなー!料理も最高においしかった!ごちそうさま。

e0023512_071152.jpg

[PR]

by boojil | 2010-01-31 00:07 | NYひとり旅

3日目 バブリーなNY   

2010年 01月 30日

2010年1月28日 no.2

e0023512_23453419.jpg

はやくNYの魅力を自分の目で確かめたい。
わたしはひとまずタイムズスクエアに行くことにした。

地下鉄に乗って、到着。外に出てみると、これまたびっくり!
人の海、海、海。 電飾の山、山、山。

どんだけバブリーやねん!と何度もつっこんだ。
お金の使うところが間違ってるでしょ、完全に。

正直いらついている自分に気付き、アイリッシュBARでビールを一気に飲む。

NYには英語が堪能な人が多い。
世界中から人が集まっている分、英語を話せないと相手に何かされない。

わたしの英語力ではまだまだまだまだまだ くやしかった。

店を出て、がしがし歩いた。 あーもう!

NYを好きになるにはきっと、もっと自分をストイックにさせないといけないんだろうか?

いろいろ予定していたスケジュールも変わったので
せっかくバブリーな場所に来たんだもの、ブロードウェイミュージカルでも見よう。

大好きな映画にもなった”CHICAGO"を鑑賞。

出て来る役者がみんな最高にきれいで、筋肉質。
男の人は、おっぱいがピクピク動く、巨大団子をくっつけたような役者ばかり。

女の子も毎日トレーニングをしているんだろう、腹筋は割れているしダンスもパーフェクト!

そうかそうか、NYにはきっと世界中からスペシャリストが集まるんだ!

少しだけ、NYの魅力を教えてもらえた気がしたステージだった。
やっぱり生はすごい!

帰りは電車を間違えすぎて、日本人の男の子に帰り道を教えてもらった。
電車を待っている間、話を聞くと、コウタロウくんという名前で
俳優を目指しているらしい。

”NYはね、やっぱり人が面白いよ。みんな誰かに負けないように必死なんだと思う。”

わたしはNYを好きになれるだろうか?

明日は知人のパーティーで、ワークショップをやる予定だ。
これはすごく楽しみ!

つづく
[PR]

by boojil | 2010-01-30 23:20 | NYひとり旅

NY3日目 やっぱり大都会   

2010年 01月 30日

2010年1月28日

今日は比較的あったかい。明日から寒くなるとのこと。

まりさんに朝ご飯を作ってもらった。これがまた本当に美味しい。
ベジタリアンのための、ベジバーガーにサラダ、ポテトの炒め物 

お料理教室もできそうなくらい美味しい!

おなかいっぱいになったところで、チェルシーまで出かける。
チェルシーはギャラリーが集まる場所で、NYの中でもアートに触れることの出来る場所と聞いた。

地下鉄にも少しずつ慣れてきて、スムーズにチェルシーに到着。
わたしが泊まっているところはQトレイン沿いの閑静な住宅街。

e0023512_23435510.jpg

そこから約30分の場所にチェルシーはある。

歩いてギャラリーを巡ってみる。どこもだだっ広いギャラリーでかっこいい。
今回展示されているものはなんだか気持ちが重たくなるものばかりで、落ち込んでしまった。

最新アートの傾向はちょっと暗いものが多い気がする。

こんな不況の世の中で、作品を見て暗い気持ちになってしまうなんて
自殺者を増やすだけじゃないのか?わたしにはどうもわからない。

15件くらいギャラリーをまわったけれど、どれも好きになれなかった。残念

疲れきったわたしは、さっき歩いていて目にとまったメキシコ料理屋へ入る。

あーおなかが空いた。そう思いながら、メキシカンピザとカプチーノを注文。

料理を待っている間、いろんなことを考えた。

店内に響く、ラテン系の音楽はとってもとっても元気になる。
装飾も可愛らしい。メキシコ人の喋り方が好きだ。みんな気さくで、
3年前に行ったメキシコはわたしにとって、夢のような場所だった。

街はカラフルに染められ、歩いているだけでワクワクした。

だけど、どうしてだろう?
NYでこんなにも気持ちが落ち込むなんて。 
きっと東京よりもコンクリートジャングルで
人も忙しなく歩いている。

しかめっつらを決め込んで、地下鉄には光が入らないしみんな下を向いているように見える。

わたしは何が好きなんだろう? 
そんなことをストレートに考えたらこんな見えた。

きっとわたしはいつでも側にいてくれる自然と、あったかみのある人が好きなんだろう。
だけどまだ、3日目。なんにも見つけられなかった。

つづく
[PR]

by boojil | 2010-01-30 23:19 | NYひとり旅

NY2日目 NYで初めての仕事   

2010年 01月 29日

2010年1月27日

今日は良い天気。思っていたよりNYは寒くない、
朝起きて、シャワーをあびて、まりさんの作ってくれた朝ご飯を食べてお出かけ。

今日はNYで写真家として活動しているayaka.mayちゃんにあう日。

彼女とは3週間前に日本で初めて会ったんだけど、
実はもう4年くらい前から知り合い。

わたしの作品をネット上で見てくれて
ずいぶん前から連絡を取り合っていたのだけれど、なんせNYと日本だからなかなか
会う機会もなかったのだ。

その彼女と2回目の再会はNY
迷いに迷って待ち合わせ場所についたのは1時半。 30分遅刻。。。

笑顔で迎えてくれて、ほっとした

NY観光にと自由の女神を遠目に見にいて
連れて行ってもらった後、あやかちゃんの彼のSHOWを観に行った

英語のリスニングがあんまり得意じゃない分、内容が難しかったけれど
すごいなーと感動。だって彼は61歳なんだもの。本当に元気でかっこよかった

表現している人は年をとっても関係ない。
きっとずっと夢を追いかけている人がわたしの中では魅力的な人。
その気持ちを忘れたときに、オーラはなくなっていくんだろうな。

打ち上げで、仲良くなった舞台美術をやっているダーリンという女性が
わたしの作品集を見て、なんと絵を頼みたいという。

ええええ!?本当に?しかもコピーは嫌いだから、原画でお願いしたいって。

NYに来て二日目。わたしは初めてのお仕事をもらことができた。
このことがきっとわたしにものすごく自信をくれるんだと思う。

アメリカに来ると、ダイレクトに作品への感想を伝えてくれたり
アドバイスをくれるひとがほとんどで、アーティストにとっては本当に良い環境だと思う。

ダーリンのオーダーの絵は、大好きな彼とのポートレイト。
これから数日間連絡をとりあって、どんなものに仕上げようか考えたいと思う。

良い一日だった。明日はひとりでギャラリーをまわろうかな。
[PR]

by boojil | 2010-01-29 00:47 | NYひとり旅

NY1日目 5年ぶりに会う友達   

2010年 01月 29日

引き続き日記を

おもしろいもので、NYに行くことを決めてから
5年ぶりに連絡をくれた友達に
”今NYに住んでて、ミュージシャンとして活動しているから来るなら会おうよ!”と言われ
昨日はその彼 やまちゃんに会ってきた。

地元で一ヶ月だけ一緒にアルバイトをしていた友達で
そんな短い期間でも、こうして会って一緒にお茶を飲んでいることがとてもうれしい。

彼はこの5年という時間の中で、きっと変わったんだと思う。良い意味で。

すごく魅力が増していた。目には見えないけれど、夢をもっているから
すごくかっこ良く見えた。

同い年の男の子がこんなに頑張っているんだから
わたしにもきっとできるんじゃないかって、良い刺激をもらえた気がする。


夕飯はベトナム料理を食べに行った。
相変わらずアメリカサイズの量に驚きを隠せない。

やまちゃんの友達のバンドのライブを観に行った。

めちゃくちゃアンダーグランドなライブハウスで、ロックを聞いたら
高校生の頃を思い出した。昔ちっちゃなライブハウスにへたくそな高校生バンドの音楽を
よく聞きに行っていたなー懐かしい

その日はやまちゃんが宿まで送ってくれて、無事帰ることができた。
就寝 まだちょっと時差ボケが残っている
[PR]

by boojil | 2010-01-29 00:33 | NYひとり旅

NY一日目 ブルックリンのまりりん宿   

2010年 01月 28日

010年1月26日

今日からNYへ一人旅。


*写真がなくってごめんなさい!

昨夜は一時間くらいしか眠れず、朝6時半に家を出て成田空港へ

今回は初めてのキャリーバッグ持参。
いつもはバックパックだけで行っていたものだから、ちょっとバランスが慣れない。

空港は好き。これからどこかへ向かう人、これから家に帰る人。

みんなそれぞれ想いは違えど、環境や心の変化のある場所。
空港にくると、ピシっと自分を整える。

無事チェックインもすませ、搭乗。

これから12時間ものフライトを考えると、けっこうしんどそうだなー
両側に座った人はふたりとも女性。
とくに左隣に座っている女性はおばあちゃんに見える。

いきなり笑顔で話しかけられたので、移動中は楽しくなりそう。
高松さんという方で、70歳のおばあちゃんであった。

彼女は30年登山を続け、その後人生の楽しみを海外旅行に切り替えたらしい。
毎年ではなく、毎月海外旅行に出かけることを目標にしているというんだから驚いてしまう。

背骨の骨をいくつか骨折して、杖をつきながら旅をする。
ステキな人生だなぁ。

彼女からこんな素敵な言葉をもらった

”山の上の景色はね、その人の足でしっかり登らなくては見ることができないの。
わたしがどれだけ大好きな人にこの景色を見せたくても、見せてあげることはできないのね”


山も自分のしいた夢へのレールも一緒なんだなぁ、きっと。
そんなことを思った。

12時間のフライトの中では、ずーっと映画ばかり見て過ごした。
しかし長い。腰も痛くなるし、乱気流で揺れてお茶は溢れるわ大変だったわ。

ようやくアメリカに到着。入国審査をすませ、NYにはいったぞー!

イエローカラーのタクシーに乗るのが、アメリカのルールらしい。
それ以外は危ないとのことで、イエローキャブに乗って宿へ向かう。

コロンビア人の運転手のおじさんはスペイン語を話していて
昔行ったメキシコを思い出した。この街は本当に多国籍だな。


一時間も走れば、住宅街へ。
すんなり宿につくことができた。

今回お世話になる宿はまりさんという日本人女性の住むお家。
友達のなっちゃんから紹介してもらった方で
NYで仕事をバリバリしながら、女手一つ3歳の子供を育てているかっこいい人だ。

娘のりのちゃんもかわいいし、家も本当にポップで愛着がわく。

ひとまず休憩してから街に出ようかな。

つづく
[PR]

by boojil | 2010-01-28 00:17 | NYひとり旅