「ほっ」と。キャンペーン
Woman.excite

カテゴリ:韓国の旅- 친구&친구( 35 )   

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.11   

2009年 01月 08日

前回の韓国日記はこちら
http://boojil.exblog.jp/i17/

2008年12月20日を振り返るvol1

e0023512_2111466.jpg

今日は待ちに待った市場でのお買い物。

韓国のお家はとってもあっかたい。北海道と一緒で外が寒い分、二重窓になっているの。

今日の気温は3度くらい。さむーい

ビンちゃんオススメのチヂミ屋さんがあるというので、

市場のアーケードをずんずん進んでいく。

やたらと混んでいる小さな店を発見。

ここのチヂミとマッコリの相性が抜群にいいんだって!

さっそくいただきます。

e0023512_2112666.jpg


e0023512_21125242.jpg


ビンちゃんはなぜか写真を撮るとき、悪人顔をよくするのだけど、
決してマッコリがまずいわけではない。

前回の旅でマッコリを一度も呑まなかったんだけど、今回初挑戦。

ちょっと酸味があるけど、飲みやすくて日本で言う日本酒と甘酒を足したようなお酒。

なんと何枚もあるチヂミ+瓶にはいったマッコリ おなかいっぱーい食べて

11000W(750円) 1人この値段で昼からお酒片手にチヂミたらふくコースなんて

とっても安い!!


e0023512_212635.jpg


大満足したら、市場の中にある古本屋さんへ。

日本の雑誌がけっこうおいてある。どれも最新号ではないけれど、

専門学生の頃、よく立ち読みしていたファッション誌『TUNE』を発見。

e0023512_2104519.jpg


原宿のいかす!とされている男性が盛りだくさん。

いわゆる美容系やら古着系やら、今となってはよくわからないファッション業界。

『原宿にはこんなひとたちがいるのよ。たのしいね』 みたいな雑誌。

パラパラとめくってみると、これには驚いた!

大親友の乞食ガールズ まーちゃんが載っているではないか!!!


e0023512_2114973.jpg


韓国で親友に会うなんて。。(雑誌上だけど。。) こういうことがあるから旅っておもしろい。

そういえば、今彼らのホームページをわたしが作っている最中です。

ほんとにおもしろすぎて、作っているわたしが爆笑してしまう。

みんなお楽しみにね。

参考までに乞食ガールズのお宝写真を一枚公開します。

かわいい~ みんなになんといわれようがわたしは彼らを応援します!笑

e0023512_2135860.jpg


この後も韓国日記はつづくよ
[PR]

by boojil | 2009-01-08 21:15 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.10   

2009年 01月 07日

前回の韓国日記はこちら
http://boojil.exblog.jp/i17/

2008年12月19日を振り返るvol4

SABOとの楽しいお茶会もおしまい、あっという間に夜になってしまった。

韓国も日本といっしょで、冬は日が落ちるのがとっても早い。

わたしたちはホンデに戻って、ビンちゃんの友達のジャズバーへと向かう。

今日はライブがあるそうだ。韓国のジャズライブはどんな感じなのか今から楽しみだ。

e0023512_2241440.jpg


ライブにアルコールはつきものでしょう。

大好きなヒューガルデンをいただきます。

e0023512_22423876.jpg


いい気分になってきたと思ったら演奏開始。

おぉーかっこいいではないか!

ふんふんのっていたわたしだけれど、来場客数わずか10名にも満たなくて
ちょっと残念気分。

ライブも全部見終わった頃、ビンちゃんの友達がやってきて

お決まりの写真撮影会。

e0023512_22454339.jpg

二人とも大丈夫なのか!?

3人で前回遊びに行った、BARダにいって一杯いただく。

おいしーい!そしてまたもや出版社で働く彼に再会。

わたしが2ヶ月ぶりにやってきたことに本当に驚いていたけれど、
とっても喜んでくれた。

その日はとっても酔っていたせいか、すこぶる褒めちぎってくれて嬉しかった。笑

e0023512_22492592.jpg


今日は歩き回ったせいでちょっと疲労モード。

なんだか忙しい一日だったなーと思ってビンちゃん宅に戻ると

とっても可愛らしいものに遭遇。

わたしのためにどうやら日本語でメモをしてくれていたようだ。

ビンちゃんありがとさんきゅー!!!

e0023512_2253030.jpg

(スイッチに日本語で だいどころ・いま と書いてありました。)

明日はとっても楽しみにしていた市場でのお買い物です

つづく
[PR]

by boojil | 2009-01-07 22:35 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.10   

2009年 01月 06日

前回の韓国日記はこちら
http://boojil.exblog.jp/i17/

2008年12月19日を振り返るvol3

ビンちゃんが連れて行ってくれた先は、どうやら日本で言う青山みたいなエリアで
ちょっとお金持ちの人が遊びに来る様なところみたい。

そのエリアでひとまずお買い物。

いろんなお店に入ったのだけど、中でも一番目をひいたのがここ

MMMG というステーショナリー雑貨屋さん
http://www.mmmg.net/home/index.php
e0023512_23353166.jpg


韓国にもすっごくオシャレなステーショナリー雑貨ブランドがいくつかあるようで
このお店でとっても可愛いクリスマス用のカードと、カラフルなアウトドアリュックを購入。
e0023512_23315836.jpg


カードは3500W(250円)、リュックは78000W(5500円)でした。

円高の影響もあり、とってもお安いざまス。
e0023512_2338172.jpg


">“mmmg”とは韓国の美術大学出身の同窓生が集まり、1999年から始めたステーショナリーを中心とした雑貨ブランドです。8人のデザイナーが、雑貨のデザインを通して日常を素敵なアートにする、心が和むアイテムを創り出しています。なおブランド名の“mmmg”とは“millmeter /milligram(ミリメーター/ミリグラム)”のこと。細かいところも配慮して形にする、というデザインコンセプトから名付けました。すべての商品に、デザイナーの愛情がたくさん詰まっています。


さて、その後、時間がきたのでSABOが働いているお店へ。

彼はドイツのアンティーク雑貨を買い付けてきて、こちらで販売しているんだそう。

彼がSABOです。さぁどっちでしょうか?
e0023512_23393115.jpg


正解は左!そう、ビンちゃんの言っていた通り、彼は男性だけどとってもとっても
チャーミング!可愛い人だったのです。

妻夫木くんとの出会いはこの瞬間沈没したけれども、わたしは彼に興味津々。

SABOもまたイラストレーターとして活動をしているらしく、
その傍ら、バイヤーとしても仕事をしているようだった。

話し方がどんな韓国で出会った女性よりも女性らしい。


しかもギャグセンスがはんぱじゃなさそうだ。

韓国語が聞き取れたらどんなにいいことか。あぁ~

彼がデザインしたクリスマスのポスターをわたしにプレゼントしてくれ
その後は、SABOの友人の(右の女性) CMディレクターさんと
スタイリストの女の子と一緒にお茶とケーキを食べる。

e0023512_23502398.jpg

ここのカフェは日本人のおばちゃまが愛してやまないヨン様が
取材で使ったカフェらしく

ここにはねぇ、毎日のように日本人の奥様方がいらっしゃるのよ
ヨン様~はいないのにねぇ


とSABOは語る。

うーんヨン様パワー恐るべし。

海を越えてやってくる日本のおば様方を尊敬してしまう。

そのパワー、もっと違うところに使ったら
日本の不景気にも負けないのではないだろうか。
[PR]

by boojil | 2009-01-06 23:36 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.9   

2009年 01月 05日

ちょっと止まってた韓国日記更新しますー

2008年12月19日を振り返るvol2


e0023512_0233681.jpg
イースクちゃんの個展を見終わったあと、

わたしたちは近くのトッポキ屋さんで腹ごしらえ。

トッポキってみんな知ってる?
e0023512_0295385.jpg


韓国のお餅「トック」を甘辛いソースで炒め煮した食べ物です。
おやつにもおつまみにも合う一品で、手軽に作れるのが魅力だそうで。

こちらのみなさんはお腹が空くとおやつ感覚で食べるんだって。

e0023512_0265667.jpg

これは天ぷらみたいなもの。イースクちゃんいわく、ここのは本当においしいんだって。

それにしても安い。好きなの3品頼んで10000Wだって!

屋台のおじちゃんが頼んですぐに揚げてくれるのでホッカホカ!

そしてもっちりとして本当においしいんだよー

もーおなかいっぱい。わたしは何回腹が膨れているのか。

またもや満腹の状態で、これからビンちゃんと私は移動して

ビンちゃんの友達のアーティストSABOに会いに行く。

わたしはまだ彼に会ったことがないので、ビンちゃんに彼のことを聞いてみる。

『SABOはすごく可愛いんだよ。』 男だけど可愛い。

男性から可愛いといわれる男の人というのは、果たしてどんな人なのか。

わたしは完全にジャニーズ系、もしくは妻夫木くんを想像していた。



小野妹子になりたい。

韓国版、妻夫木聡 

美少年には興味のないわたしでも、彼だけはちょっといかん!

ほっておけないのである。

イチローの次にさわやかだ!

SABOに会いにいくまで内心ドキドキわくわくしていた私であった。

e0023512_125695.jpg

[PR]

by boojil | 2009-01-05 19:28 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.8   

2008年 12月 30日

2度目の韓国旅日記が始まりました

2008年12月19日を振り返るvol1


e0023512_13394814.jpg

わたしのいる場所にも朝がきた 3日目の韓国

今日はどんより曇り空 だけど異国の地に立つと不思議と心は元気な私。

外に出ると 冷たい空気 韓国の冬は本当に寒い。

屋上にはどこにでも大きな瓶があり、みんなその中でキムチや漬物をつくっている。

ビンちゃんはわたしを屋上に案内してくれ、とても寒そうにしているフリをした。

彼はここで産まれたからなのか、薄着でも大丈夫だといいつつ、クシャミをしている。
e0023512_13423389.jpg


わたしは寒さを予想して、去年買ったSIERRAのオレンジ色のダウンを用意していた。

これが本当にあたたかいので、なんとか韓国の寒さにも耐えられそうである。

今日はフォトグラファーのイースクちゃんの個展に遊びに行くことにしていた。

彼女は以前わたしも個展を開いたSUKKARAで個展をしていたそうで
オーナーのすひゃんさんから話を沢山聞いていたのだ。
e0023512_1445685.jpg


ビンちゃんに会場まで連れて行ってもらい、初めてご対面。

彼女は大阪で生まれた在日コリアン3世。

今回の個展は在日コリアンの家族だけを撮影したものだ。
映像もあり、世代ごとの生き方・思想が変わっていくのが理解できる。

今回の展覧会のテーマとはちょっと外れるが、ちょっと頭のすみっこに投げかけたい。

人種差別 言葉を聞いただけでゾッとする。

わたしも異国の地で寂しい想いをしたことがあるが
戦前、戦後はもっとひどかったのであろう

わたしは地球に生まれた以上 人は人 国なんて関係ない

文化の違いはあれど、どの国にも良い人はたくさんいるし 悪い人もいるのだ

わたしはどんな人とでも仲良くなりたい 出会いさえあれば

住む場所に限らず 国籍にとらわれず みんなが仲良くなれたらいいのにな

言葉って本当に面白いけれど、英語がみんないきなり話せるようになればいいのにと

勝手に考えてしまうわたし。

e0023512_13543958.jpg

金仁淑(キム イースク) http://www.kiminsook.com/
写真作家金仁淑が去る6月光州市立美術館で開催した展覧会に続き、
韓国での3度目の個展を開催します。

今回の展覧会は『狭間』住む人々のお話です。

生まれつき『狭間』に置かれてしまった人々は、
置かれた全ての世界にありながらどの一つでもない浮遊した存在であり、
常にどこか一つに帰属したいという切実な気持ちを持ちながら暮らしています。

今回のプロジェクトは韓国と日本、そして北朝鮮という3つの国の狭間で生きる人たちのお話で、戦後4,5世代の間受け継がれてきた『在日コリアン』としての意思を込めた作品です。

さまざまな世代の在日の家族達に出会い、彼らの生活の場である居間でポートレートを撮影しました。親から子へと引き継がれる『在日コリアン』としての精神と家族の意味を再度考えるきっかけとなる展覧会です。

[PR]

by boojil | 2008-12-30 13:42 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.7   

2008年 12月 29日

2度目の韓国旅日記が始まりました

2008年12月18日を振り返るvol5


こちらのBARもなかなかオシャレで良い雰囲気。

わたしはビールを注文して、今夜最後のご機嫌TIMEを味わうのである。

基本的にこちらはスナックがタダなので、わたしは太る一方である。

e0023512_13126.jpg


ビンちゃんにジェホからロンドン土産があるといって、

彼が差し出したのがこれ

e0023512_136246.jpg


おぉーーーフィギアマニアのビンチャンは大興奮である。

ジェホは彼の大親友で、いつどこで会ったのか聞いてみると
なんと軍隊の訓練で同じ部屋だったそうなのだ。

韓国人男性は19歳から29歳までに必ず入隊しなくてはならないそうで、
ジェホもビンちゃんも2年間訓練をしたそうな。

日本にはこうした制度がないし、銃社会でもないし、島国だし
本当に平和で平和でみんな平和ボケしてしまうのも仕方ない。

こんなに近い韓国ではこうした制度があるのが、なんとも信じがたい。

同じアジア人でも文化の違いに魅力を感じる部分もあれば、
自分に置き換えてみると悲しくなる現状がここには存在する。

仕事、恋人、家族、友達と完全に離れなくてはならないなんて、厳しい。

韓国の兵役制度

http://www.konest.com/data/
e0023512_1453383.jpg


タトゥーアーティストで、ペインターで、フィギアに埋もれそうなアトリエを
持っている彼でも軍隊は免れなかったらしい。

わたしが韓国人で男だったら、筆を捨てて銃を持つのだろうか。

そんなのありえない。。 世界に存在する銃が筆になったらいいのにな。

もうずいぶん前の話だけどね、と懐かしい顔をして微笑むビンちゃんを見て
なんだか不思議な気持ちになった。

ビールがまわりはじめ、眠気がやってきた。

イスにもたれてグースカ眠ってしまった私をサバちゃんの

『ARE YOU OK ?』 で目覚める。

起きたらみんながいて嬉しかった。

ここにいるみんなは随分前からの友達ばかりではない。

わたしをきっかけに会った人もいる。 それがものすごく嬉しいのだ。

[PR]

by boojil | 2008-12-29 01:21 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国、ドキドキ日記vol.6   

2008年 12月 28日

e0023512_113787.jpg
ミョンドンの町並みは面白い。

屋台の横には大量の靴下屋さん。

向かいにはインポートブランド ZARA

その前でパフォーマンスをする男性二人。

足が長すぎるだろ!
e0023512_12145.jpg

その身長ではハグができない。これではFREE PHOTOである。

『FREE HUGS』 そういえばあなたは知ってますか?
http://ja.wikipedia.org/


ミョンドンでのショッピングタイムもつかの間、
わたしたちはまたホンデに戻り、まず夕飯でも食べようとスパム・チゲ(鍋)屋さんへ。

e0023512_1154455.jpg

見た目からして辛そうな、この鍋!!
食べてみると、思ったとおり辛い。しかしうまいではないか!

まずで石ちゃんのように汗をかきながら食べるわたし。

汗をかいて鍋を食べればいくらかやせるのではないか?

うまいうまいと言いながら完食!ごちそうさまです。

これからビンちゃんの親友ジェホが合流するという。

ジェホは今ロンドンの服飾大学に留学中で、服の作り方を勉強中らしい。

なので、英語はペラペラ。これは仲良くなれそうだ。

無事、ジェホと合流、その後 前回の韓国の旅で見つけた大好きなお店、
ギャハハと言う古着屋さんで、スタッフの女の子と再会を喜んだ。
e0023512_1191118.jpg



さて、これからみんなも合流するというし、
近くのBAR『シャー』でみんなを待ちましょうか。

予定通りソックンと、サバちゃんがやってきて合流
e0023512_182667.jpg


それでは!乾杯!!
[PR]

by boojil | 2008-12-28 23:32 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国ドキドキ日記vol.5   

2008年 12月 27日

ひとまず同会場で展示をしている
フォトグラファーのソックンの作品にもわたしは興味新進だ。
e0023512_0491292.jpg

見よ、この奇妙な写真を。

一度目にしたら目が離せない世界観。良い意味で変態である。
http://www.ohmynews.com/

彼は日本でいう太郎と花子をレンズの中で表現しているそうで、
誰にでも存在するであろう記憶をテーマに作品撮りをしている。

彼は2月日本でも展覧会を予定しているらしく、
今からソックンに再会するのが楽しみで仕方ない。
e0023512_0494140.jpg

彼は英語もペラペラで、いつも満点の笑顔。彼のこともまた大好きなわたし。

ほかにも数人の若手アーティストが会場を作品でうめつくし、
わたしったらワクワクしっぱなしなわけで。

いつかわたしもこうした大きな場所で展覧会ができたらなぁ。と思うのです。

わたしたちは会場を出て夜再び合流することにした。

ひとまずびんちゃんが明洞(ミョンドン)に案内してくれるというので、
二人で明洞へショッピング。

わたしが購入したのはブルーのニットワンピ、5000w (3000円位)と、
foodskinというボディケアのショップで保湿クリーム、リップを購入。
e0023512_057528.jpg


どれも女の子が好きそうな甘い香りがするんだけど、しつこくないから私は好きだ。

バニラとかキャラメルとかイチゴの香りはあえて避け、ここは豆の香りに絞る。
あとからもっと可愛い香りにすればよかったなぁ。と後悔するも、質は良いはずなのでお気に入りである。
e0023512_0551241.jpg


しかしなんで豆風味やねんっ自分!

と関西弁混じりに楽しくきめてみる。すみません。

びんちゃんは明洞にも沢山友達がいるらしく、いろんな人を紹介してくれた。

e0023512_0595598.jpg
びんちゃんと仲良しの彼女はしおんちゃん。かなりの美人さんです。

韓国人女性は8割型肌質がいい。
ニキビもなければ、そばかすさえない人に驚きを隠せませんっ。

みんな実年齢より5つは若く見える。

特に30歳をすぎた女性には本当に感心してしまうのだ。

明洞はどうやら眠らない町らしい。まるで渋谷だ。

多くの日本人とすれ違い、沢山買い物をしたせいか
私も5つ若くなった気分で町をすりぬけた。

韓国にくると不思議と元気になる。

キムチパワーは果たして本物か?

[PR]

by boojil | 2008-12-27 23:51 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.4   

2008年 12月 26日

2度目の韓国旅日記が始まりました

2008年12月18日を振り返るvol2

e0023512_19313448.jpg
スッカラに着くと相変わらず素敵な笑顔の清水さんとビンちゃんが待っていた。
清水さんはライターさん、彼のブログはとても面白い。
彼には前回個展の搬入時にとてもお世話になった。

国内外の雑誌で彼の記事を読むことができる。

清水さんのブログ http://simizu2000.exblog.jp/

すひゃんさんがその後やってきて、すぐ出発。

e0023512_2093949.jpg

すひゃんさんと、ビンちゃん
e0023512_2095754.jpg

清水さんとアンディ

美術館までは1時間ばかしかかるというので、途中ランチタイムをとる。
バスに間に合わないので、所要時間20分。

e0023512_20255544.jpg

キムパ(海苔巻き)を一気に食べつくし、満腹。うまうまじゃー
今回のは私の大の苦手なきゅうりが入っていたのに、不思議とうまかった
これも韓国マジックなのか!?

バスにごとごと揺られ、ようやく美術館に到着。。。

e0023512_20275475.jpg

それにしても超でっかい!それもそのはずサバちゃんの展示は
国立の美術館でやっているというのだから、素晴らしいったらありゃしない。
私と同い年でこの規模とは、大尊敬である。

サバちゃんについてまだ知らない人はこちら
http://boojil.exblog.jp/8877416/

http://boojil.exblog.jp/9023714/

e0023512_20301086.jpg


サバちゃーん!!!!!!!2ヶ月ぶりの再会に私は大興奮!!!

本当に不思議なんだけど、たった3日間しか一緒にいなかったのに、
わたしは彼女のことが本当に大好きになってしまって、

彼女に対しては旅特有の
『出会ってすぐに打ち解ける。』というものと、また違うんだな。

彼女には特別な感情を持っている。

それは恋とかじゃなくて(わたしは男性が好きです)
同じ感覚の持ち主な気がしてならないからなのか。

描いているモチーフは違えど、わたしが光なら、彼女は影

光と影はいつも同じ場所にあって、互いに必要なもの

わたしも彼女も人間の良い部分、悪い部分を知っていて
それを互いに表現しているような気がする

こんなことを言ったら一方的かもしれないので恥ずかしいのだけど。

彼女の作品は人間の表面では見えない危ない感覚を

全部筆に任せてぶつけているような気さえするのだ。

見る人をきっとあっと言わせるそんな力を持っている。


彼女の作品にわたしはもう虜なのだ。

e0023512_2115424.jpg


e0023512_21155496.jpg


作品の中で、けっこう印象に残っているのが、

冷蔵庫に本物のリンゴを何十個も入れたものに驚いた。

完全にリンゴが腐っている。。 サバちゃんあんたすごいよ。

e0023512_2175562.jpg


彼女も本当に喜んでくれたようで、二人で抱き合いました。

つづく
[PR]

by boojil | 2008-12-26 19:17 | 韓国の旅- 친구&친구

2度目の韓国 ドキドキ物語 vol.3   

2008年 12月 25日

2度目の韓国旅日記が始まりました

2008年12月18日を振り返るvol1


e0023512_19411397.jpg

朝9時に起床 なんだか良い匂いがするなぁと 

眠い目をこすって起きると ビンちゃんが料理をしている

赤のゴーストバスターズのトレーナーに、緑とオレンジの派手なズボン
おもちゃの国から出てきそうなビンちゃん。

彼がだしてくれたのは、
トックというお餅のようなものと、玉子、豆腐、韓国のり、餃子
が旨みの出たスープにはいっている料理

これは美味しそうだな~ ビンちゃんママが作ってくれたキムチや、お漬物

小さいタッパーにいくつか入っていて、どれもこれも美味しい。

満腹、ご馳走様!!ありがとう、ビンちゃん。

e0023512_21133521.jpg


わたしは10時半にニュージーランド人のアンディと、
ホンデで待ち合わせをしていたのでひとまずお別れ。

アンディとの再会もものすごく嬉しい。
彼は韓国で気をつかったマッサージのお店を開業したばかり。

近況報告もかねて、ホンデの駅で待ち合わせ。
忙しい中、時間をぬって会いにきてくれるのだから、嬉しい。

こうして会えるのもなんだか不思議だねぇ、と互いに話す。

わたしはいつも思うのだけど、旅先で出会い仲良くなれた人は
一生の友達になりうると思っている。

一人旅を始めて、もうすぐ3年。

そんなに沢山の国を行き来したわけではないけれど、一度旅に出れば

財産となる仲間が何人もできる。


わたしが旅に出たくなる理由のひとつは出会いなんだろうな。

アンディとも、これからずっと仲良しでいたいと思う。

DJも仕事としているマッサージ士の彼はこんな音を作っているよ。

ドイツのレーベルからCDを出せることになったそうです。

e0023512_20545151.jpg

Andi Numan 試聴http://www.myspace.com/andinuman
アンディと私は10月に個展をしたSUKKARAに行って、待ち合わせ。

前回お世話になった、清水さんとビンちゃん、オーナーのすひゃんさんと
これからサバちゃんの展覧会を見に行くのだ。

e0023512_20593113.jpg


その前に立ち寄ったステーショナリー雑貨を扱う
O-CHECK DESGIN GRAPHICSへ
ホームページ http://www.o-check.net/

ここの雑貨のセンスといったら素晴らしいものです。

この日はノートと、名刺入れを購入。シンプルだけど、温かみがあって大好き。

さて、店を出てみんなと再会をしましょうか。

つづく
[PR]

by boojil | 2008-12-25 19:44 | 韓国の旅- 친구&친구