「ほっ」と。キャンペーン
Woman.excite

ブルマ合宿   

2009年 01月 28日

学生時代、みんなはどんな体操着を着ていたでしょうか?

わたしの小学校はちょっと変わっていて、私服で登校するまでは他校と一緒でも、
クラスの朝礼の前に、全員体操着に着替えさせられました。

体育の授業があるわけでもないのに。

子供の体力を強化するためだったようです。

確かに今の子供は病気になりやすいらしく、当時みんな口を揃えていっていた

 『子供は風の子』 

しかし、今となっては

『子供は風邪の子』 ですね。
 


e0023512_184938.jpg


そのまま6年間。風の子と化したわたしは中学校に入学します。

スパルタ鬼教師で有名な体育の担任 『守屋先生(もりや)』

それはそれは恐ろしい先生でした。

授業中は竹刀を片手に、
晴れていようが、曇っていようが、季節に関係なくサングラスを着用。


いさぎの良いハゲで、しゃがれ声。

どっからみてもヤクザでした。
体育の授業は決まって体操着。

ジャージという素晴らしいアイテムもあったのですが
ヤクザからしたらそんなもんかんけいねぇと、
生徒全員、雪が降っても半そでで授業を受けました。

こんな授業の後には必ずノートに書き込みの多い、歴史の授業がスタンバイしてて
指先までかっちこちで全くかけないのです。授業になりません。歴史のテストは赤点でした。

それもきっとヤクザのせいです!

さて、そんなわたし小学校の体操着も、中学校の体操着もブルマではなく
短パンだったので、そこについては珍しい学校だったようです。

セクハラだのなんだのって、誰かが騒ぎ出してブルマは廃止になったそうなんだけど、
もしあたしが男だったら、ブルマのままでいってほしかったに決まっています。

男性諸君、残念ですね。

さて、今日どうして『ブルマ合宿』なんていう
誰もが気になってしまうタイトルにしたかと言いますと、、、。


そう。ブルマをはいたんです。
しかも、生まれて初めて。


なんやて!?とつっこみたくなる方も多いでしょう。

しかしこれにも理由があるんですよ。

お友達の相澤心也くんの個展がありまして、その作品撮りのために
わたくし一枚脱がせていただきました。というか、ブルマはいたんだけど。

しかも、やらしいブルマではなく、笑いのブルマ。

しかも着替えたらいつの間にか、でっかいあざ。

いったいどこで付けてきたのか、けっこう痛いではないか。
e0023512_1203412.jpg

体育館での撮影だったので、もうテンションあがって仕方がありません。

走り回ってしまいました。ブルマなのに。

相澤くんは笑いの救世主です。言い換えれば笑いの秋葉原です。
あれはすごい。笑い対して妥協点がありません。マニアです。

どんなことになっているかは、個展を見てからのお楽しみ。
というか、わたしが早く見たい。Boojilは小さな役をいただきました。おまけだよ。

ずるい
おもしろいことばかり考えられてうらやましい。

作品を沢山見せていただきましたが、それはもう素晴らしい。

SAKEROCK&バナナマン HMVの広告など撮影したり、
音楽関係の撮影がとっても多い、すんばらしい素敵なカメラマンさんです。

そんな素敵ングな相澤くんの個展、是非みんな足を運んでください。

2月13日はオープニングパーティです。http://www.aizawashinya.com/

わたしは仕事を置いて駆けつけます。わーい。

相澤心也 個展 『バチーン!』


新宿眼科画廊
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-11


【tel】 03-5285-8822
【HP】www.gankagarou.com/
【mobile】www.gankagarou.com/mobile.html

e0023512_1302231.jpg

e0023512_1321522.jpg


〔プロフィール〕
1975 仙台市青葉区生まれ
2000 City College of San Francisco写真学科卒業
2001 Studio Siga入社(アシスタント)
2004 独立

〔主な仕事〕WIRE (U.K.) / I.D. (New York)/ snoozer(リトルモア)/ SWITCH / Invitation / Esquire MagazineParco-City Flyer / ramblin' / 東京カレンダー / ピクトアップ / コミュニケーションマガジンA(アサヒビール)
〔ミュージシャン〕
サケロック / グッドラックヘイワ / ショピン / コケストラ などのライブ写真・CD
〔演劇〕
ナイロン100C / ペンギン・プル・ペイル・パイルス 他多数。
[PR]

by boojil | 2009-01-28 18:47 | 日記

<< イカ天国とブーネリアス 夢のようなほんとの話 >>