Woman.excite

旅について考える   

2009年 01月 12日

e0023512_213398.jpg

写真は2006年ラオス ルアンナムターにて
1月14日から個展 『おかっぱちゃん旅に出る』 が始まります。 
http://okappa.exblog.jp/

今回はわたしが行った各国の思い出を詰め込んだ、今年一発目の展示。

タイ・ラオス・メキシコをテーマに、毎日毎日絵を描いていました。

『旅』 といっても、100人いれば100通りの旅の仕方がある。

どんな場所で、どんな旅をするのが好き?

みんなそれぞれ好きな景色や、歩き方があるだろう。

個展が始まる前に、旅についてここ最近考えていたのでかいてみる。

なんで私は一人旅が好きなんだろう?単純に思い返してみた。

わたしは友達が大好きだ。周りにいる全ての人のことを大切に思う。
e0023512_2533033.jpg


それなら、その大事な友達と旅をしたらいいじゃないか。

ごもっともな意見である。


確かに友達と海外へ一緒に行くのもいいかもしれない。

寂しくないだろうし、きっと楽しいとも思う。

だけど、わたしがそれをしないことには理由がある。

先ほど書いたように、100人いたら100通りの旅の仕方があり
好きなものもみんな違う。

旅=ご褒美 これがわたしの答えであって、作品づくりには欠かせないものとなる。

感動することは思い出であり、それは将来かけがえのない財産になるから。

わたしにとって旅は いかに自由に好きなものを好きなだけ、見て触って

時に泣いて、おおいに笑うかが重要になってくる。
e0023512_2553861.jpg


1人になると、現地の人が心を開く確立が高い。

1人になると、どんな場所でも素直に感動できる。

時に言葉にしてみる。なんでもない現地の大きなお月様みて

『あ~まんまるだ~ きれいだな~ あのこは元気かな~』 なんて

誰かを思い出してみたりもする。それは1人の時間だからなのだ。

1秒1秒見逃せない、景色がそこらじゅうに広がって、

一本間違えたら巡り合えない、出会いが石ころみたいに転がっている。

石ころを一つ一つ拾っては、バッグパックにつめていく。

帰るころに、わたしのバッグには花がいつも咲いている。

それは、楽しい思い出の方が強いからだ。

失敗したことだって沢山ある。

だまされたり、怖い思いをしたり。

だけど、それ以上に感動できることが旅には必ずあるものだから。
e0023512_255549.jpg


2人で歩くより、1人の方が気ままで、自分自身をよく知ることができる。

家族の大切さや、日本の豊かさ、人の優しさ、世界の広さ。

わたしには時間がない。頑張ってもあと60年くらいしか生きれないんだろうから。

まだ知らないものばかり、だけど今こうして知ることが出来たなら、

誰かにも知ってもらいたいんです。

わたしの体験した旅はわたしにしか起こらなかったこと。

それってすごく不思議なこと。

そして、あなたの旅の話も沢山聞かせてください。

それはあなたにしかできない旅だから、すごく楽しみにしています。

作品が仕上がり、明日はいよいよ搬入です。
搬入が終わったら、新しい仕事が始まるのだけど。


忙しいけれど、とても嬉しい。

ひとまず今月の在廊日が決まりました。

■Boojil在廊予定1月16・17・18・21・24・25・31日(2月未定)
*時間帯はバラバラなので、お問い合わせ下さい。
e0023512_2524791.jpg

[PR]

by boojil | 2009-01-12 22:18 | 日記

<< ブリーフ1枚の男を見たことがあるか? 乞食ガールズのホームページがで... >>