Woman.excite

くやし泣き うれし泣き   

2009年 01月 04日

e0023512_132585.jpg

ここのところ、泣いてなかったなぁ。

飛び切り嬉しいこと 飛び切り悲しいことが最近少なかったのかも。

基本的に涙もろい私は、ハートウォーミングな映画とか、テレビ番組とか
見るだけで泣いてしまうので、わたしの涙ほど価値のないものはない。

小さい頃はよく嘘っぱちで泣いて家族を困らせたものだ。

そのわたしがなんだ!最近といったらいつ泣いただろう?

あー8月だ。8月から泣いていない。

半年涙を流していない。


私の中で『泣いた』という行為は、号泣クラスである、ご了承下さいませ。

明日1月5日は、親友の誕生日だ。

高校からの仲だけど、あっという間に7年たってしまったなぁ。

7年間の間に何があったかな?と振り返ってみると、

もちろん楽しい思い出の方が多いんだけど、悲しくって辛いときは

鼻水垂れ流しで、彼女に助けてもらったっけ。

わたしは中学校があまり好きではなかった。

1人行動が結構好きだったような気がする。

女の子の集団行動がどうしても苦手だったからだ。

だけど、高校に入ってからは楽しくて楽しくて仕方なかった。

そういえばわたしは選択授業で美術を専攻していたものの、

昼休みは決まって、5分前にドアを飛び出し、

学校の売店に来ている出張パン屋から数本しかないチキンめがけて

一目散にダッシュしたものだ。もちろんわたしも当時はルーズソックス。

当時は絵を描くことよりも、チキンが一番大切だった。

懐かしいな~。。

そんなチキン紛争をも間近で見ている親友のヒロコ。

最近は沢山遊べなくなったけれど、君は明日誕生日を迎えて24歳になるんだね。

そして、その日4年半連れ添った彼と、結婚するんだねぇ。

わたしは背の小さいヒロコが、なんだかとても大きく見えるよ。

今年の抱負はなんですか?と問うわたしに

『旦那を一生懸命支えます』 と答えたヒロコ。


なんだかとても感動してしまって、今思い返してちょっと涙が出そうになっています。

みんなそれぞれ家庭をもって、はなればなれになってしまうと思うと寂しくなってしまう。

だけれど、わたしはみんながどんなに遠くに離れていっても

1人でぴょーんと遊びに行くからね。

幸せになってください。南ヒロコになってもずーっと大好きです。

5月の披露宴、わたしは絶対に泣いてしまうんだろうな。
[PR]

by boojil | 2009-01-04 20:50 | 日記

<< 2度目の韓国 ドキドキ物語 v... ショピンライブ at 神戸塩屋... >>