Woman.excite

どさんこ北海道8日目   

2008年 09月 12日

2008年8月13日を振り返る

7時に起床 もうテント生活にも慣れ わたしは軽く原始人気分

今日はもう出発の日だ。 あっという間のアイヌモシリ 一万年祭

一万年生きられるなら 一万年ここにいたいくらいだ

e0023512_1210231.jpg


わたしと愛ちゃんは レインボーギャザリングというものの説明を受けるため

川沿いに足を運ぶ。 わたしにとっても初体験のことなので、どんなものなのか聞いてみよう。

世の中、いろんな人がいて、いろんな考え方があることを改めて気づかされました。

簡単に説明すると、世界中から人々が集まり、1ヶ月間(新月から新月まで)、野外で原始的な共同生活をして、その経験をシェアするイベント。

興味のある人は読んでみてね↓>■ What’s Rainbow Gathering?
レインボーギャザリングとは

さ、ギャザリングのことも分かったことだし、一度は参加してみたいと心に決めて
わたしと愛ちゃんは会場をあとにする。

帰り際、会う人、会う人大荷物をしょった私たちに

『気をつけて帰ってね、また来年会おう』 などと声をかけてくれることが嬉しかった。

この会場では挨拶と一緒にハグをして別れることがほとんどだ。

東京でやっているフリーハグとはまた気持ちの入れようが違う。
(人によるのかもしれないけど)

本当に自然に起こる行為なので、わたしは気持ちが良い。

ここで出会う人は、どうしてこんなにも優しくて素直なんだろう。

まるで外国にでも降り立ったように、感覚が研ぎ澄まされてピカピカしている。

e0023512_1594368.jpg

↑会場にいた犬ころ なよなよでかわいい

にこにこ顔のゴンベさんが、街まで出るというので車に乗せてもらい、
寂しさを抑え、会場をあとにした。

40分ほど来た道を戻り、国道にでると ここでゴンベさんとはさようなら。
ありがとう、大変お世話になりました。

わたしと愛ちゃんは、再びダンボールを用意して 

『札幌』
と書き加えた!またもやヒッチハイクのスタート。

今度は最初のようにうまくいかないのか、調子に乗っていた二人は
『今回は厳しいのかな~。』と言い合っていた開始8分後

e0023512_244751.jpg


一台のワゴンが止まった。

中から出てきたのは30代のお父さん しかも家族連れ 
(小学2年生の息子・中学生の娘・おばあちゃん)


またもやオカッパーズの強運が花開いた

とくに努力はしていないのだが、神様がついているのだろうか ウニの神様!(積丹参照)

ありがたく乗車させていただくと、どうやら運転手のお父さんは昔バイク乗りで
若いときから旅人を見ると車に乗せていたそうなのだ。

おばあちゃんが私たちのことを発見して、わざわざ引き返してくれたらしい。

なんとまたもや強運!札幌までだいぶあるのだが、ちょうど札幌方面に行くと言うのだ。

ここからが最高に楽しいヒッチハイク第二段の旅となる。
[PR]

by boojil | 2008-09-12 12:09 | 夏の大阪個展と北海道旅

<< どさんこ北海道8日目-2 どさんこ北海道7日目-2 >>