Woman.excite

お母さん   

2008年 02月 13日

e0023512_2046564.jpg
今日も寒い一日でした。

今朝、窓から庭を見下ろしたら、あたしの大好きな梅の花が咲いていました。

花の名前をたくさん知っている女性は、とっても女らしいと思います。

わたしの母さんは、花が大好きで、週末は庭仕事、
誕生日や母の日には、だいたい季節の花をねだられます。

そう彼女はすごく女らしい。わたしとは正反対なのです。

今日は、そんな母さんの話を少しばかり。

わたしはよく、この日記で、
家族をとりあげては小バカにして、おもしろがっているのですが。


そんなわたしも家族のことが本当は大好きなんですね。

ここ最近、一人暮しが始まる手前、
なんだか母の行動ひとつひとつにちょっぴり切なくなります。

家を出ると、決める前は
母さんの干渉がどうしてもけむたくなり、嫌がってばかりいました。

人一倍、心配症の母は、人一倍優しいだけだったんですね。


これから一人で暮らす、わたしのために生活のことを考えて、
お昼にお弁当がちょこんと用意されている。

そんな母さんの行動に、
なんにも言わないさりげない優しさに、
夜な夜な天井をみながら、感謝するようになりました。


母さんにしか作れないとびきりのレシピで、
どんな野菜たちも彼女の手にかかれば、
とっても美味しく、みんなが主役になれる。

家族のために頑張っている母を改めて見直すと、涙がでます。
感謝してもしきれない。

こんなにわたしが自由に今も創作活動ができるのは
母さんと父さんのおかげ。

この歳になって、
やっと気付いた自分がすごく情けなく、
恥ずかしいのですが、

この場をかりて
大好きな母さんにありがとうを伝えます。

お母さん、ありがとう。
[PR]

by boojil | 2008-02-13 20:52 | 日記

<< バレンタインデーに夢が叶うゆめ 茨城であんこう鍋 >>