「ほっ」と。キャンペーン
Woman.excite

大島旅日記   

2007年 03月 10日

e0023512_22334536.jpg

ただいま!さきほど自宅に着きました。

今回は高校の同級生6人(あたしを含め)で伊豆大島へ。
船中1泊、ホテルに1泊の計2泊3日ツアーでございました。

*****************

前回この仲間で行った、静岡キャンプ。

それはそれは最高でした。
降りしきる雨の中、すさまじい風の中のアウトドア。

楽しみにしていた温泉プールはキャップを着用必須、
流れるプールは泳ぐの禁止。
おばちゃまたちと一緒にウォーキングコース。

帰ってきたらタープを支えていた
長い棒がタープを突き破り、
あたしたちは開いた口がふさがりませんでした。

テントからは水が滴り、約2名は車で寝ました。
カレーは焦げました。真夏なのにトレーナーでした。

でも楽しかったです。


*********************
さて、大島はどうだったかといいますと、

竹芝桟橋(浜松町からすぐ)から出る、かめりあ丸に乗って8時間。
22時出発だったので、翌日朝6時に到着。

e0023512_22341723.jpg

島の空気は気持ちよくって、ただ寝起きのあたしたちには冷たい海の風が厳しかった。
とにかく眠い目をこすって、レンタカーで半日かけて島を一周。

伊豆大島は東京に一番近い島。
ジェット船なら2時間弱で、着くようです。

大島には裏砂漠っていう、でっかい砂漠や、海や、三原山、椿祭り、うまいゴハン。
コンビニはないけど、島独特の、のんびーりした空気が流れてる。

大島動物園は鳥がいっぱい!
エミューに喧嘩を売られて追いかけられました。恐かったです。
柵という保険がわたしたちを守ってくれました。

宿は老舗の椿園。
受付のおじさんは、早口すぎて話についていけませんでした。

案内係のお兄さんは、物まね上手なコロッケにそっくりで、
笑うのをこらえるのが大変でした。

夜はおいしいご飯、浴衣、露天風呂は貸切状態で
その後ビールにおいしいお菓子!
大島土産アシタバウエハースは白い恋人にも勝ります。うまうま

たっちゃんの持ってきたスピーカーで電気グループを流して
わくわくみんなで踊っているとプルプルお電話がなっている。

踊りすぎて下のお客様にご迷惑をおかけしました。
ごめんなさい。

e0023512_22344294.jpg

若者にはほとんど会わなかった。
老後、釣り好きのおじいちゃんがこの島に移住しに来るようで、
釣り好きにはたまらない場所らしい。

今朝、10年ぶり位に釣りをして、一匹釣れました!やったね。
海からすぐ近くの定食屋、【かあちゃん】で魚を焼いてもらったよ。ペロリ!

海ってこういうのがあるからいいわー


この旅では美味しいものがありすぎて、食べて寝て食べて寝ての繰り返しで
帰りの船で何度もみんなに顔が丸いと言われました。

4月からバスケットボールとして、NBAに就職もいいじゃないかと思っています。


e0023512_2241370.jpg

大島で一番楽しかったのは砂漠!どこまでもどこまでも続く砂漠地帯が素敵!
向こう側は海とピカピカの太陽で、とっても神秘的でした。



やっぱりどこへ行っても、大好きな仲間といけば楽しいんだよね。
そんな仲間たちも4月から社会人です。

色々考えさせられる時期がやってきました。

だけど、とにかくみんな就職ほんとうにおめでとう。
そして大学卒業おめでとう。


いつまでも
こんなあたしに付き合ってくれるみんなのことが大好きでたまりません。


10分歩けば、すぐに会えた時間もしばらくサヨナラかもしれないね。

3月さよならの時期です。さみしい別れがやってきます。
4月新しい出会いの時です。忙しい時期がやってきます。


この秋は、みんなで一緒に朝霧JAMで会いたいね。
また近々うちで、鍋か、カレーパーティーでもしようよ、ね。
[PR]

by boojil | 2007-03-10 22:46 | 日記

<< 風邪っぴき おっとっとっと伊豆大島 >>