「ほっ」と。キャンペーン
Woman.excite

個展無事終了しました   

2006年 12月 06日

e0023512_148949.jpg
12月22日のオープニングパーティーを終えてから、
今日までの2週間

今までで一番、沢山のお客さんが来てくれました。
たまたま立ち寄ってくださった方も、DMを見てきてくださった方、
友達の友達、ホームページを見て、ファンの方、先生、友達、そして家族。

わたしは私の周りにいる人を本当に大切に想っています。
みんなが作品を見て、わたしと一緒に話して、
笑顔を見せてくれた瞬間が、たまりません。

最終日の今日まで、毎日誰かが来てくれて、楽しいお話をできたことが
何よりも嬉しかった。

とっても綺麗なお花や、おいしいお菓子、
とっても素敵なお手紙、笑顔をくれたみんな本当にありがとう。

今この2週間のことを思い出して、みんなが笑顔を見せてくれたことを
考えると、こんな夜中にうれし泣きです。
わたしが把握している限りでは、福岡、愛知、韓国からもファンの子が見に来てくれました。
本当に本当に来てくれてどうもありがとう。

会場に置いてあった、記帳ノートは、わたしの宝物になりました。
みんなからの愛のこもったメッセージで、一生やっていけます。

絵を始めたことで、こんなに幸せな気持ちになれるなんて夢のようです。

私は幸せものです。

みんなからもらった言葉と笑顔を糧に、これからも頑張っていきます。
最後にいつも感じることは、応援してくれる人のおかげでやっていけるということ。

e0023512_1514098.jpg先日インタビューを受けたときに、
【Boojilにとって、絵を描くことはなんですか?】
という質問に対し、
「わたしと人とのつなぎめ」 と答えた

本来なら 
我が人生・私自身・表現方法の一つ 
など格好の良い言葉でも
並べればよかったかもしれない。

だけど、改めて思う。
絵を描かなければ、今の私はいない。
絵を描きはじめてから何度感謝したんだろう。

わたしにとって絵は、今このブログを読んでくれている
大切な応援してくれているあなたとのつなぎめです。

出会うべく人に出会え、一緒に笑える友達も昔の何倍にも増えた。
山あり谷ありだけれど、その落ち込む時期もまたいいと思う。

わたしはわたしなりに、そしてBoojilとしてコツコツ積んでいければいい
頑張ってきたことは全部力になる
悲しみも、喜びも自分をつくるための大切な道具だ

今年もあと少し 冬は深まる 空気が冷たくなって
家がもっと恋しくなる 鍋がおいしい 誰かを愛しく思う

こんな素敵な季節に 個展ができて本当によかった

幸せな気持ちは 今年いっぱい つめこんで
また来年歩き出す

個展に足を運んでくれた、わたしの大切なひとたち全員へ
心から感謝しています、本当に本当に どうもありがとう
e0023512_1482938.jpg

写真は先月行われた、ドッペルナンチャラ倉庫でライブペイントをしたときのものです
[PR]

by boojil | 2006-12-06 01:49 | 日記

<< やっと一息 デザインフェスタレポート >>