Woman.excite

カンボジアのこと   

2011年 02月 17日

e0023512_21113652.jpg


昨日はとっても素敵なお仕事のお話をもらって

あまりにも興奮してしまったので、鳥肌がたつほどだった。


いい結果が出ることを待つしかないのだけれど。どうしてもやりたい!

由紀さおりさんのCDのジャケットの仕事をもらったときも

終始ドキドキしてしまって、家に帰っても寝付けないわたしがいた。

e0023512_2112965.jpg


今になって思い出すと

19歳の頃 初めてカンボジアにいったときに

『絵を描くことでコミュニケーションが取れる』ことに気づいたんだった。

あれから もう8年が経とうとしているけれど

わたしが信じていることは全く持って変わっていない。

赤土に木の棒切れで子供たちを絵を描いて遊んだ

その時のことが、どんなに嬉しかったか。

あの時、わたしは服飾学校に通っていて 

周りからファッションのことばかりを問われ 服が嫌いになっていたところだった

カンボジアにって、思ったことは

ブランドものを買ったり、服をたくさん買い換えることができるのは

わたしが日本に生まれ育ったからだったんだ。

カンボジアの子供たちは、服がボロボロでもピカピカの笑顔だったなぁ。

そんなことを昨夜思い出していました。

e0023512_21201717.jpg


そんなわたしは 少し前に秩父の温泉にいった。

雪見風呂は心を清め、癒してくれた。

家に帰る頃、雪が解けて、晴れ間が見えた頃、

わたしのことも太陽はちゃーんと見落とさないで照らしてくれた。

今日は春の匂いがして、満開だった梅の木ともまた会うのは一年越しになる。

自転車に乗って、家路を走っていたら 

自分の中のちいさな悩みが みるみるうちに消えていった。

外の空気を沢山吸えば、内側から出る悪いものも流れていく。

だんだん強くなっていく 経験と共に 人は強くなる

わたしもまだまだ半人前 20代のうちが勝負時
[PR]

by boojil | 2011-02-17 21:20 | 日記

<< レイクタウンワークショップの模様 おいっす >>