Woman.excite

仲里依紗ちゃん写真集   

2010年 01月 19日

e0023512_1393350.jpg

女優 仲里依紗ちゃんの写真集が全国発売されました。

仲里依紗ちゃんはこの春 時をかける少女という映画の主演をつとめる女優さん

わたしの大好きでとっても尊敬しているお友達、
カメラマンの神ノ川智早ちゃんが今回の写真すべてを撮りおろしています。

http://www.chihayakaminokawa.com/news/

おおよそ100ページからなる写真集は、ひとりの女優さんの素顔から
ドキッとしちゃうようなおとなっぽい綺麗なショットまで。

たった3日間で行われた、スウェーデンのストックホルムとヨーテボリでの撮影
あー素敵だよね。お仕事で海外に行けるのは。

そんな智早ちゃんが撮影した写真集、本屋さんに並んでいます。

是非手に取って見てください。

購入先: http://www.amazon.co.jp

さて、ここからはわたしのお話。

写真は2007年ひとりでいったメキシコの写真。
太陽のピラミッドの前で一枚。いやーなつかしい

e0023512_231735.jpg


わたしは今日から京都・大阪・奈良へお仕事の出張で1泊2日出かけます。

忙しいけれど、とても楽しみ。

どこへいっても不思議なのが、家を出たときのわたしの気持ち。

すごくすごくキラキラしている。わたしの中でも出張は旅みたいなもの。

初めて会う人や場所に 期待せずにはいられなくて 

歩きながら深呼吸なんかしちゃって すっごくわくわくしてしまう

旅はこういうお仕事には必要不可欠。わたしにとってはだけれども。

そうそう、先日作家仲間の新年会を企画して、総勢20名くらい下北に集まったのだけれど、
2010年はきっとみんなにとって良い年になるなーとおもった。
 


壁はどこまでも高く、道はどこまでも続く 

ゴールは果てしなく遠い 

最近目も悪くなったし パソコンの使いすぎかもしれないね

人はそれぞれみんな違う 分かってくれるひともいるし 苦手に思うひともいる

だからわたしも、作品も もまれてもまれて どんどんよくなる

自分の言葉で 自分の力で 伝えていかないことには 何も始まらないんだと思う

自分で作った小さな小さなコミュニティーから枝分かれをして 友達や知人、風景を通して

わたしに戻ってくる それこそが よくみんながいう

『世界は狭いねぇ』ってこと スタートはいつだって自分が作るしかなくて

悲しくってつらくって たまにあきらめちゃいたくなるけれど

わたしたちはきっと 自分の”好き”だけはやめられない

いつまでも好きな気持ちを これから出会うであろうすべてのひとに伝えていくことが

きっとわたしたちの仕事 


これがわたしたちの生きることの意味だったらうれしい

とっても うれしい
[PR]

by boojil | 2010-01-19 02:00 | おともだち

<< 新幹線にて 京都と奈良へ >>