「ほっ」と。キャンペーン
Woman.excite

感じることの大切さ   

2009年 08月 19日

e0023512_2328390.jpg

今日やっと深く深呼吸できた気がする。 すぅっと大きくゆっくりと。

あっという間に8月もおしまい。今年はあと4ヶ月たてばおしまい。

2010年がやってくる。
そう考えると、あっという間に歳をとるだろう。

わたしの中で24歳までのテーマは
『自分作り』だった
 


自分の弱いところ、反省すべきところ いいところも全部
向き合うことができた気がする もっと努力しなくてはならない箇所が沢山ある

25歳からのわたしのテーマは
『環境作り』 それ一本である


みんなは一年を通して目標を立てたり 人生設計をしたりしているかしら

これね、やってみるとすごく力がわくんだよ

楽しくて楽しくて やる気に満ち溢れる そうまずは机をキレイにして

ペンと紙を用意してみて

やりたいことを箇条書きにして 自分の年齢をかいて

一年後 五年後 十年後 ・・・ 

目の前にある悩みも少しは楽になるかも それだけ夢をみることって素敵な薬なんだよねぇ

e0023512_23304727.jpg


さて、わたしの中の 環境作りとは、その人が住む土地 ただそれだけのことではない

周りにいる人、もちろん土地もすべて含めてのこと

きっとこれからは自分の周りを肉付けしていくとき 

まさにわたしはそのスタート地点にいるのだ

きっとわたしはママに憧れている 子供を持つことに 家族を持つことに
だからといって焦っているわけではないけれど

将来わたしはどの場所に暮らしたいのだろう?

先月自分の目で、鼻で、耳で、肌で、舌で 感じとった北から南の地
すべてを手に入れたわけではないけれど、それぞれの土地の良さがあり、
どれも都会にはない素晴らしいものばかりだった

わたしは東京も、地元横浜も愛しているけれど、
これから生きていくうえで、どこに住もうか


母親になるとき 子供たちを育てるとき しわしわのおばあちゃんになるとき

どうしてこんなに考えるようになったのだろう

それは、きっと7月の旅のせい 旅のおかげ

わたしにとって大きな存在になった 7月の旅

”皆既日食”という目標を掲げ
多くの土地を自分の足で歩けたことは大きい ものすごい影響力だ

太陽の力の偉大さや、美しい海、キラキラ光虹色の魚、ざわざわ深い緑の森

改めて自然の優しさや、奥底に眠る見えない本当の怖さを知った。

人は日々成長する生き物だと思う。

見た目は変わらなくとも、うちなる場所で少しずつ少しずつ

わたしはこれからどうやって生きていこうか

やりたいことも多いけれど、もっと広い視野で考え動けたらと思う

ふと、こんなことを考えた夜だった

永遠のいのちなんてものは この世にはないからね 

そのことを知ると 生きていくのがすごく楽になる

日々を楽しく過ごすこと それができたらこの上ない幸せだよねぇ

それをうまくこなすには、まずわたしのしたいことをもっともっと伸ばさないとね

難しいことばかり考えないで やわらかな風にのって どこにでも飛んでいければいいのになぁ

今日も良いお天気でした

夜の風にのって 家の窓から良い匂いがします

わたしの見える場所はまだまだ平和なようです

また良い作品が描ける気がするよ

小さな日本の夜が今日も優しく眠りますように

考えることも 感じることも 大切なことだなぁと 思える夜 おやすみなさい
[PR]

by boojil | 2009-08-19 23:31 | 日記

<< 日本縦断の旅 祇園祭 ミラクル御殿 明日から個展始まります >>