Woman.excite

ひとり旅のこと   

2009年 06月 22日

e0023512_18592846.jpg

あ~やっとやっと怒涛の日々が終わった感じがいたします。
写真は大阪digmeout ART&DINERにて ハマケンと。 ありがたい!

http://www.youtube.com/


大阪digmeout ART&DINER お越しくださった皆様、
本当にどうもありがとうございました。


昨年春、初めて大阪でグループ展をしたときから、なんだかんだで大阪での展示は4回目。

満員御礼、これには感動しました。
だってわたし大阪では昨年まで無名だったのに、こうしてちゃんとお客様が来てくれるなんて。

今回トークショーというものは初めてだったのだけれど
digmeoutのプロドゥーサー谷口さんのおかげで、とても楽しくおしゃべりさせていただきました。

今の気持ちを素直に書こうと思います。

e0023512_19405643.jpg


わたしがみんなに伝えたいこと、振り返ってまとめてみよう。

わたしは器用な人ではない 絵を描くことが好きな女である

ただ自信を持っていえるのは 人が好きで 友達や周りにいる人に恵まれているということ

結局、だれしもひとりでは生きることはできない と、わたしは思う

わたしが大好きな絵を描くこと 

こうして仕事になっているのは 誰かが見てくれるから

すべてはそこから始まる 

旅だって 理解してくれる両親がいるからできるわけで

仕事をくれる会社や、誰かがいるから 少なからずお金だってもらえるわけで

飛行機もゲストハウスも なんでもかんでも 誰かが作って そこで働いているわけで

わたしひとりではこんなに楽しい旅はできない まずそこに感謝しなくてはいけない

ありがとうございます

そして、振り返れば ひとり旅をしているときの自分はあんなことから、こんなことまで

大変な経験だって、さみしい思いも沢山しているわけなんだけど

旅の何がいいって 

帰ってきてからが一番 ”幸せ” だと感じることができるのだ


飛行機から降りた瞬間 地元に帰った瞬間 家のドアをあける瞬間

そして、寝たり起きたりを繰り返し 旅の思い出を振り返る あの夢見心地な自分を

今までにないくらい 愛しいと思えるようになる

だから、できる限り ひとりで旅に出たいと思う 行きたい場所がある限り

その場所の空気を 吸い込んで

その場所でしか出会えない誰かに 出会って

ひとりで何かに感動できたなら きっと満たされると思う

それを周りにいる誰かに伝えられるなら きっと少しでも元気になってもらえるはずだ

自分が満たされているときこそ だれかに与えられるはずだ 良い部分だけ汲み取って

だから、これからも旅を続けられたらと 心から願います

自分の足で動けば動くほど そこに ”人”は必ず待っている 地球上のどんな国でも

わたしはその会うべくして出会う 誰かに沢山刺激をもらって

自分を彩れたら そして絵を描いて みんなをカラフルにできたら

それはどんなに幸せなことだろう

まずは、『人と向き合うこと、そして 話すこと』 それが仕事でも暮らしでも 何かに繋がっていくと思う。

わたしは、この平和な国 ”日本”に生まれてきた以上 人生を楽しく生きる義務があると思うから。

かっこつけないで ぶらりとこれからも旅出たいと思うのです。

e0023512_1959597.jpg

[PR]

by boojil | 2009-06-22 19:30 | 日記

<< 代田橋 『CHUBBY』 に集... お疲れ様っみんなありがと >>